「佐久間象山の群像」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

佐久間象山
「佐久間象山の群像」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
佐久間象山(1881年~1864年)幕末の思想家。名は啓(ひらき)。通称は修理。象山は号。信濃国松代藩士佐津間国善の子として浄化に生まれる。幼少期から家老鎌原桐山から経学文章を、町田源左衛門から和算を学ぶ。18才で家督を継ぎ、1833年(天保4)江戸に出て佐藤一斉に師事し、1839年象山書院を開き、1841年江戸藩邸学問所で頭取となる、翌年藩主真田幸貫が海防掛老中に就任すると、海外事情の調査研究を命じられ、これを契機にこれまでの儒学(朱子学)を信奉してきた象山の思想的回転が始まる。象山はアヘン戦争(1840~1842)に強い衝撃を受け、伝統的華夷思想に安住してきた中国は西洋諸国が科学的技術の進歩の上に強国を実現したことを知らず、学問の実現・実用性を喪失したためにイギリスに敗れたととらえ、そして「彼を知る」ことで「己を知る」孫氏の兵法に倣い、日本が中国の轍を踏まないためには西洋の科学技術を積極的に摂取することが必要だと考えた。1842年西洋砲術を学ぶために江川太郎左衛門に入門、かた藩主あてに上書(海防八策)を提出した。さらに1844年(弘化元)からオランダ語を学び洋学研究に打ちこんだ。1851年(嘉永4)江戸木挽町に塾を開いて西洋砲術を教え、勝海舟、吉田松陰、坂本龍馬らが入門。西洋の学問に目覚め、それを通じて旧来の学問のあり方等直すという姿勢は、対外的に危機意識を抱いていた青年強い衝撃を与えた。1854年(安政元)松陰の密航事件に連座して蟄居を命じられ、松代で8年間を過ごす。1862年(文久2)書面となり、1864年(元治元)将軍後見職一橋慶喜の召命を受けて上京したが、公武合体と開国進取論をもって奔走中7月17日尊攘激派の志士に暗殺された。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

FC2USER308672URX

Author:FC2USER308672URX
著者紹介
1943年東大阪市生まれ。著書紹介・歴史研究会に参加、歴史大賞」受賞。書籍・『太閤の夢の夢』『政僧・天海と崇伝』『重源』『古事記が紡ぐ一ノ宮の神々』『日本仏教十三宗諸派総覧』『日本神道の神々』『芭蕉紀行漂泊の憧憬』『重源』歴研出版より、『平安僧兵奮戦記』840円。自費出版多数、アマゾン電子書籍・。BOOK★WALKER電子書籍」」『宇都宮城釣天井事件』『芭蕉紀行漂泊の憧憬』『幕藩一揆の攻防』「古事記が描く古代の憧憬』『古代史の群像の標榜』『古事記が紡ぐ一ノ宮の神々』『中世仏教立宗開花』『古事記が描く古代の世界』『徐福・神仙郷に消える』『平城京の麻呂の騒乱』『重源』『天明飢饉の鎮魂』『幕政三改革の世情と功罪』『魏志和人伝』『犬将軍綱吉の治世』『政僧・天海と崇伝』『修験道の神仏』『神仏分離令の功罪』『宇都宮城釣天井事件』『風雲三好一族の攻防』『大久保長安事件の陰謀』『秀次切腹事件』『日本二十三大師の足跡』『日本十三宗諸派総覧』『日本神道の神々』『幕藩・禍根の清算』『幕藩大名家の存亡』『太閤の夢の夢』『南都・北嶺の僧乱記』『戦国大名』・『敗将の有終』『足利将軍家の変遷」『大名家のお家騒動』『小田原征伐の攻防』『秀吉・紀州征伐の攻略』『後白河・院政の攻防』『五山十刹』『将軍家を支えた幕閣』「戦国武将の群像」シーリーズ多数。「歴史の回想」・シリーズ多数。他。参考資料・歴史大事典・プリタニカ、 ウィキペディア・ニッポニカ・広辞苑・他多数。

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.