​​​​​​​「歴史の回想・箱館戦争」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電

箱館戦争
​​​​​​​「歴史の回想・箱館戦争」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電
箱館戦争(五稜郭の戦)蝦夷地箱館を中心に道南で戦われた。戊辰戦争の最期の戦いで箱館戦争ともいう。五稜郭の戦と呼ばれるのは旧幕府軍が本拠を置いた五稜郭の攻防戦に因む。旧幕府の海軍副総裁榎本武揚らは東洋一の最新鋭軍艦開陽丸などを擁して。1868年(慶応4)4月の江戸城開城後8隻の艦隊で品川沖を脱走。前老中板倉勝静らの旧幕府、フランス軍事教官ブリュネや旧幕兵を加えて兵力1500人を集め、10月に蝦夷地鷲ノ木に到着し、南下して箱根へ向かった。新政府の箱館府知事清水谷公孝は青森に敗走旧幕府軍は、11月には松前藩の福山城を攻撃し、道南を平定した。五稜郭に本営を置き、陸海軍の仕官以上投票によって榎本武揚を総裁に選び、陸軍奉行に大鳥圭介が陸軍奉行並びに土方歳三が就任し、軍事指導に当たった。外見としては共和国制を敷いたが、政権の経済的な基盤は旧来の場所請負制と、強奪的献金にあった。1869年(明治2)2月新政府は黒田清隆らを参謀に大軍で進軍を開始した。前年11月、開陽丸は座礁し沈没しており、榎本軍は海軍の要を失っていた。榎本軍は3月25日岩手県宮古港の新政府軍艦隊に奇襲をかけたが失敗。4月、新政府軍は江刺周辺に上陸し、矢不来の激選を制し、箱館を海陸から総攻撃をした。旧幕府軍の中島三郎助らは徹底交戦して16日に戦死したが、五稜郭で防戦した榎本らは18日に降伏した。この戦争を最後に戊辰戦争は終結した。
スポンサーサイト



Profile

FC2USER308672URX

Author:FC2USER308672URX
著者紹介
1943年東大阪市生まれ。著書紹介・歴史研究会に参加、歴史大賞」受賞。書籍・『太閤の夢の夢』『政僧・天海と崇伝』『重源』『古事記が紡ぐ一ノ宮の神々』『日本仏教十三宗諸派総覧』『日本神道の神々』『芭蕉紀行漂泊の憧憬』『重源』歴研出版より、『平安僧兵奮戦記』840円。自費出版多数、アマゾン電子書籍・。BOOK★WALKER電子書籍」」『宇都宮城釣天井事件』『芭蕉紀行漂泊の憧憬』『幕藩一揆の攻防』「古事記が描く古代の憧憬』『古代史の群像の標榜』『古事記が紡ぐ一ノ宮の神々』『中世仏教立宗開花』『古事記が描く古代の世界』『徐福・神仙郷に消える』『平城京の麻呂の騒乱』『重源』『天明飢饉の鎮魂』『幕政三改革の世情と功罪』『魏志和人伝』『犬将軍綱吉の治世』『政僧・天海と崇伝』『修験道の神仏』『神仏分離令の功罪』『宇都宮城釣天井事件』『風雲三好一族の攻防』『大久保長安事件の陰謀』『秀次切腹事件』『日本二十三大師の足跡』『日本十三宗諸派総覧』『日本神道の神々』『幕藩・禍根の清算』『幕藩大名家の存亡』『太閤の夢の夢』『南都・北嶺の僧乱記』『戦国大名』・『敗将の有終』『足利将軍家の変遷」『大名家のお家騒動』『小田原征伐の攻防』『秀吉・紀州征伐の攻略』『後白河・院政の攻防』『五山十刹』『将軍家を支えた幕閣』「戦国武将の群像」シーリーズ多数。「歴史の回想」・シリーズ多数。他。参考資料・歴史大事典・プリタニカ、 ウィキペディア・ニッポニカ・広辞苑・他多数。

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.