「戦後日本の回想・S27年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想s27
「戦後日本の回想・S27年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
昭和27年ともなれば、日本の国体、国力も向上し国際的にもヘルシンキオリンピックにも参加し、ボクシングでは無名の白井義男の世界フライ級チャンピオンのマリオを破りチャンピオンに輝いた。国民の娯楽もボーリングが登場し、日劇ミュウジックホールが開場したり、映画の製作も壺井栄の「二十四の瞳」が話題を呼んだ。政治では与野党の対立は激しく対立し、学生運動や労働組合の活動も活発になって、ストが強行されたり、血メーデー事件も発生した。与党も自由党系と民主党系の保守党を軸に軍備拡張の機運が高まり、警察予備隊から保安隊に改組した。国際航空として羽田空港が「東京国際空港として運用して世界に向けての窓口として業務を開始した。所が発足して間もない日航が日航機もく星号が大島三原山に墜落し三十七人の犠牲者を出して衝撃を受けた。国民の娯楽の王者のラジオは受信機1000万台突破し、連続放送劇「君の名は」は劇的な人気を博し、放送時間委には、女風呂は空になったという。また早川電機が国内初の白黒テレビの生産を開始した。街にはスクターが流行し自動車も悪路を走り回るようになった。政治ではワンマン吉田総理は抜き打ち解散んで総選挙に打って出て、用意の出来なく与党乱立に攻勢をかけた。学生運動の過激化と日本独立して代わって日本の防衛の強化に「日米安全保障条約」が発行された。労組と全学連の武力衝突阻止に「破壊活動防止法」が保守政党が対抗し法制化した。
スポンサーサイト



「戦後日本の回想・S31年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S31年
「戦後日本の回想・S31年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
昭和31年には漫画ブームと貸本ブームで鉄腕アトム・赤胴鈴之助・鉄人28号など子供らに夢を担った。若者は映画に流行を求め石原裕次郎の主演映画「太陽族」が大流行、戦後の傷跡の外地からの引揚者ソ連からの興安丸が1025人を乗せ舞鶴港に入港した。国外的に各国と賠償調印が結ばれ膨大な戦争の賠償で国交が結ばれていった。沖縄問題は国内与野党の米軍基地と相まって紛争のもととなった。政権は鳩山政権が倒れて、代わって石橋湛山が内閣首班を受けてより派閥が複雑になっていった。この頃から憲法問題が懸案となって解決には程遠いものがあって、GHQの示唆された憲法を維持しようとする野党と改憲を訴える与党の紛争は絶え間なく続いた。それでも5月にはヒマラヤの未踏マナスルに初登頂を成功をもたらし、8月は巨大な佐久間ダムを完成させ、12月18日には日本の国連加盟が全会一致承認さ
れた。

「戦後日本の回想・S25年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S25
「戦後日本の回想・S25年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
戦後2,3年ともなれば、工業や建設、道路など国民のライフラインの建設の槌音高く、荒廃した闇市を壊して都市計画を進めて再建していった。対外的にも貿易も徐々に向上し、国の成長を見込めるようになってきた。国民の娯楽も映画、戦後歌謡、プロ野球の初ナイターが行われ、戦前ものの小説やアメリカからの文化や流行が導入され、ラジオに耳を傾けて流行歌や流行のファッションや芸術文化も取り戻し自由な表現で絵画や小説が次々発表された、小倉市初競輪を開催され、宝くじに夢を求めたり、テレビから連載ドラマや、「東京ウギブギ」が爆発的に流行した。また天才少女歌手美空ひばりが巷に流れ、企業と財界の癒着で「昭和電工議国事件」まで起こり、多党政党で芦田内閣が誕生した。
戦後処理に東条英機の絞首刑の東京裁判が判決下された。これからの日本は世界各国に戦争責任の「賠償問題」が大きな壁となって立ちはだかっていく日本だった。日本国中の工作機械・織機、工作機器など剥がされて東南アジアに戦争責任の賠償として船で運ばれていった。日本の再建はゼロからの再建ではないマイナス100%からの再建であることを忘れてはならない。

『将軍家を支えた幕閣』アマゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・

将軍家を支えた幕閣
『将軍家を支えた幕閣』アマゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・
日本歴史の中で、武士天下で鎌倉幕府、室町幕府、そして最も長く存続した。 戦国時代意を終止符を打った三傑野中でも最も長く安定し、平穏な264年余を築いた江戸幕府は徳川家康に端を発している。 徳川将軍家は、慶長8年(1603)に初代・徳川家康が征夷大将軍に就任してから、慶応3年(1867)に第15代・徳川慶喜が大政奉還するまで、264年間にわたる江戸時代を通じて、征夷大将軍職を世襲した家系である。
 この間、日本の実質上の君主・支配者として、武家社会を含む日本社会全体の頂点に君臨した。その将軍職を支えたのが、大老と老中である。江戸幕府最高職、大名の交代寄り合いを支配し、評定所の寄り合いに参加し、町奉行・勘定奉行・遠国奉行等を揮し、幕政を運営の中核に有った。定員は四名から五名。三万石以上の譜代大名がその職に就いた。徳川幕府が徐々に形成され、寛永11年(1634)の老中宛法度が出され、朝廷、公家・門跡支配が出され、大名の御用・訴訟、老中奉書への加判、幕領代官御用、金銀納め方、大分の遣い方、大造の普請、作事、知行割、寺社方、外交、国絵図などを掌握した。 家康、家光、綱吉、吉宗、家斉の親政以外は幕閣が合議制の下に協議されて幕政によって裁可され決断されてた。その後機構改革により大番・留守居衆、寺社奉行、奏番者、大目付、などを采配、 長き江戸泰平の世を支えたのは幕藩体制の下、組織化された体制と、幕政秩序は幕閣によって運営され統治された面は否めない。
 藩一揆、大名のお家騒動、法度破り、治安、経済、お家断絶や改易は幕閣によって決断され、幕藩維持に貢献していった。
大老・老中になった者に、猿楽師から老中に身を起こした者もあれば、流浪の身で敵方から家康の家臣になったものなど、初期徳川幕府では戦場の実績で起用された。

​​​​​​​「戦後日本の回想・S31年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S31年
​​​​​​​「戦後日本の回想・S31年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
昭和31年には漫画ブームと貸本ブームで鉄腕アトム・赤胴鈴之助・鉄人28号など子供らに夢を担った。若者は映画に流行を求め石原裕次郎の主演映画「太陽族」が大流行、戦後の傷跡の外地からの引揚者ソ連からの興安丸が1025人を乗せ舞鶴港に入港した。国外的に各国と賠償調印が結ばれ膨大な戦争の賠償で国交が結ばれていった。沖縄問題は国内与野党の米軍基地と相まって紛争のもととなった。政権は鳩山政権が倒れて、代わって石橋湛山が内閣首班を受けてより派閥が複雑になっていった。この頃から憲法問題が懸案となって解決には程遠いものがあって、GHQの示唆された憲法を維持しようとする野党と改憲を訴える与党の紛争は絶え間なく続いた。それでも5月にはヒマラヤの未踏マナスルに初登頂を成功をもたらし、8月は巨大な佐久間ダムを完成させ、12月18日には日本の国連加盟が全会一致承認された。

​​​​​​​「大内義興の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER

大内義興の群像​​​​​​​「大内義興の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER
大内義興(1477年~1528年)戦国時代の武将。父は大内政弘。1494年(明応3)家督を継ぐ。1496年大友政親を、翌年少弐政資を滅ぼし、筑前の支配を固めた。1499年からは惣国寺社領の調査を開始し、寺社支配権を強化。1500年に、京都を追われた前将軍足利義稙を山口に迎える。1508年(永正5)京都に進出し、将軍義澄を追放し、義稙を将軍に服した。1509年周防国衙領を東大寺に還付。1511年、義稙・義興は、義澄・澄元の攻撃によって、いったんは京都から敗走するが、船岡山の戦いに勝って京都を奪還、細川高国が管領に、義興が山城守護に就任する。1516年には幕府から遣明船を一任される。1518年山口に帰り領国に専念。安芸・厳島神主家の後継争いに介入し、同社領を支配下に置く。1521年(大永元)以降、山陽方面に勢力を広げてきた尼子氏安芸支配を争い、1525年に当時安芸の有力国人であった毛利氏を尼子氏から離反させ優位に立つ。菩提寺は凌雲寺。

「戦後日本の回・S28年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・s26
「戦後日本の回・S28年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
朝鮮戦争も休戦を迎えようとする状況に、「李ライン」で度々紛争の絶え間なかった日韓関係に、李承晩大統領が来日、日韓関係の改善されたかは疑問だが、日米韓と中ソと対立の軸の中で国交を結ぶ機運が生まれつつあった。そんな折にワンマン首相吉田茂はふと「バカヤロウ」口を滑らしこのつぶやきを野党が見逃す紛糾し「解散」と吉田茂は天下の宝刀を抜いた。そんなころ庶民の人気はラジオからテレビに「街頭テレビ」に群がる民衆はプロレスに野球に相撲と熱狂した。また八頭身を生かして国際的美人コンテストのミスユニバースに伊東絹子は三位に入賞、映画界も花盛り「東映・大映・日活・松竹・東宝」と人気俳優に引き抜き合戦でいざこざに「五社協定」が結ばれ、映画人気もうなぎのぼり、テレビはクイズ・ジャスチャーなど視聴率を伸ばしていった。景気のほうは朝鮮休戦協定で軍需産業は世界に向かって方向転換せざるをえなかった。労使のほうは相変わらず激し対立の応酬のなか中国からの引揚者は続々帰国し舞鶴港には待ちわびる「岸壁の母」も歌謡曲になって巷に流れた。

​​​​​​​「戦後日本の回想・S26年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・s26
​​​​​​​「戦後日本の回想・S26年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
戦後、昭和25年より経済は朝鮮戦争の軍需景気によって街々の工場は活気づいていたが、マッカーサーとアメリカ大統領の朝鮮戦争の意見の相違によって連合軍最高司令官のマッカーサーは解任された。ワンマンのマッカーサー帰国に空港に20万人も見送り、日本の独立と自立を促すサンフランシスコ講和条約に野党社会党らと単独か全面講和かに意見が分かれ、国会は紛糾して吉田首相の単独講和に進めらえた。7月には朝鮮戦争も休戦となり、マッカーサーの後任のリッジウエイがGHQを引き継いだ。日本も独立に向かって、日本航空を発足させ、民間ラジオを開局させ、茶の間の上の棚にラジオが置かれ、国民の落語・浪曲・連続ドラマと多彩な楽しみが増えた。またNHKがテレビ初の実験実況中継でプロ野球を放送した。この年からパチンコが大流行し出し、また映画の製作も各社盛んに制作され、ベネチェア映画祭で「羅生門」グランプリ受賞し大いに喝さいを浴びた。また書店には絶大な人気を博した「鉄腕アトム」が少年らに夢を与えた。

​​​​​​​「歴史の回想・シベリア抑留」アマゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電子書籍

シベリア抑留
​​​​​​​「歴史の回想・シベリア抑留」アマゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電子書籍
シベリア抑留、昭和20年(8月15日1945)のポツダム宣言受諾後、無条件降伏を受けた日本にソ連の満州、北朝鮮、樺太、千島で敗戦を迎えた日本軍に将兵約60万を軍事捕虜としてシベリアを中心とするソ連各地におよびモンゴルに抑留、強制労働を課した。厚生省援護局の資料によると、抑留された者焼く7万5000人、現在まで帰国したもの47万③000人、死亡したと認めらえるもの約5万5000人、病弱などのため入ソ直後に満州や北朝鮮に送還された者4万7000人、ソ連から中国に戦犯として引き渡された者969人である。しかし、ソ連側の記録ではその実数は把握されていない。この中には開拓団員、満州国の官吏「、満鉄の幹部なども含まれ他に婦女子(主として従軍看護婦)も含まれていた。収容所は000か所、東はカムチャッカ半島から西はドニエプル川の流域、北は北極圏から南はパミール高原の西麓まで、全ソ連地区といえる範囲に及んだ。労働は地域によって異なったが、建築・道路・鉄道工事や森林伐採やその関連作業、鉱山、探鉱作業、農業作業その他の戦後ソ連の復興の必要な広い分野にわたり、環境の激変した抑留初期に、厳寒に飢餓・重労働の3重苦による犠牲者が集中した。抑留者は1950年4月末までほとんどが帰国、戦犯として残留したものもスターリンの死後1956年末までに釈放された。抑留者名簿の公表、墓参は、補償要求など残された問題は多い。復員引き揚げ問題、第二次世界大戦で海外在留の日本軍人・軍属および一般日本人の帰還問題、特にソ連、中国の本土地域からの引き上げが遷延した問題。復員は動員体制の軍隊を平時の体制に戻すことを指すが、第二次世界大戦後の日本では軍の解体で、召集が解かれ、兵役が解除されるまでをいう。引揚者は敗戦時に海外在留の軍人・軍属・一般人が帰国することをいう。厚生省の調べで敗戦時の旧陸軍海軍・軍属の総兵力が陸軍550万、海軍役242万、このうち内地部隊は陸軍200万弱であった。内地部隊の復員は陸軍は1945年8月末日までに8割が帰郷をした。また外地部隊の復員はアメリカ管理地域から始まったが、順次実施され1948年1月まで一応完了した。その他の国々からは順次引き上げ、幅員が進められたが、一番最後まで進まなかった、引き上げが遷延した地域はソ連・中国であるが、サンフランシスコ講和では両国は除外されたので国交も回復せず引揚・復員は政府間の交渉は遅々と進まず困難を極めた。

​​​​​​​「歴史の回想・黒船来航」アマゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電子書籍

黒船来航
​​​​​​​「歴史の回想・黒船来航」アマゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電子書籍
黒船は江戸時代にかけて来航したヨーロッパの木造航洋船、いわゆる南蛮背のこと。船体が黒いタールを塗装した船で黒船と呼んだ。その後日本も技術を取り入れ輸入したりして保有はしていたが、当時の南蛮船はカラック、ガレオンなど大航海時代の主力となった。外洋を航行する堅牢で頑丈な船体作りになっていて、ペリー艦隊四集は蒸気船と帆装船各二隻で強引に鎖国の日本に開国を迫った。目的は捕鯨で鯨油を目当てに寄港できる開港を求めて交渉したがうまく進まず、大砲の空砲で驚かせ交渉しようとしたが国内事情で成立しなかった。何よりアメリカの思惑はヨーロッパ諸国の植民地化に出遅れて焦りがあった。アメリカ合衆のアジア市場への進出に産業革命を迎えた西ヨーロッパ各国は、大量生産された工業品の輸出拡大の必要性から、インドを中心に東南アジアと中国大陸の清への市場拡大を急いでいたが、のちにそれは熾烈な植民地獲得競争となる。市場拡大競争にはイギリス優勢のもとフランスなどが先んじており、インドや東南アジアに拠点を持たないアメリカ合衆国は出遅れていた。当時の人口は、アメリカ合衆が1833年に約1416万人、清が約4億人、日本が1834年に約2760万人であった。アメリカは1833年にシャムとマスカットとの条約を締結することにようやく成功した。1835年には日本と清との条約締結のために特使を派遣することとし、このときに東インド艦隊が設立されている。この試みは成功しなかったが、アヘン戦争後の1842年に清との間に望厦条約を締結し、中国市場へ進出することとなる。この条約の批准のために東インド艦隊司令官ジェームズ・ビドルが清に派遣されるが、ビドルは日本との条約交渉の任務もおびていた。このため、1846年に浦賀に来航するが、条約を結ぶことはできなかった。

​​​​​​​「戦後日本の回・S28年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想S28
​​​​​​​「戦後日本の回・S28年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
朝鮮戦争も休戦を迎えようとする状況に、「李ライン」で度々紛争の絶え間なかった日韓関係に、李承晩大統領が来日、日韓関係の改善されたかは疑問だが、日米韓と中ソと対立の軸の中で国交を結ぶ機運が生まれつつあった。そんな折にワンマン首相吉田茂はふと「バカヤロウ」口を滑らしこのつぶやきを野党が見逃す紛糾し「解散」と吉田茂は天下の宝刀を抜いた。そんなころ庶民の人気はラジオからテレビに「街頭テレビ」に群がる民衆はプロレスに野球に相撲と熱狂した。また八頭身を生かして国際的美人コンテストのミスユニバースに伊東絹子は三位に入賞、映画界も花盛り「東映・大映・日活・松竹・東宝」と人気俳優に引き抜き合戦でいざこざに「五社協定」が結ばれ、映画人気もうなぎのぼり、テレビはクイズ・ジャスチャーなど視聴率を伸ばしていった。景気のほうは朝鮮休戦協定で軍需産業は世界に向かって方向転換せざるをえなかった。労使のほうは相変わらず激し対立の応酬のなか中国からの引揚者は続々帰国し舞鶴港には待ちわびる「岸壁の母」も歌謡曲になって巷に流れた。

「古事記が描く説話の憧憬」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

古事記が描く説話の承継
「古事記が描く説話の憧憬」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
『古事記』は現存する日本最古の史書とされ、二十九年間の舎人・稗田阿礼らの誦習と四カ月の編纂、全三巻で構成され、和銅五年(712年)に太安万侶によって編纂された。編算に当たって「帝紀」「旧辞」(参考資料)にされて作られた。
『古事記』の趣旨内容は大きく分けて、史的記述と説話記述に分類される。中でも説話の部分の情景は想像をかきたてる。
気宇壮大で荘厳で、痛快活劇、報復と応酬、喜怒哀楽の憎愛、露骨な性描写・奇想天外な武勇伝説話の展開・天地開闢・国生み神生み・黄泉の世界・禊・天の岩戸・大蛇退治・稲葉の素兎・根之堅洲国・国譲り・天降り・熊野から大和・倭建命の英雄伝説・兄弟の王権争奪戦・父王の怨念の復讐・禁断の愛・聖帝と女性遍歴・忘れられた八十年間待った約束・また歌に詠み込まれた数々の哀愁・優雅な皇宮の暮らしの風景などなど、これらの『古事記』の数々の描かれた説話から、古代の情景が浮かび上がってくる。
時代の趨勢と運命に生き、今日と変わらない生きとし生けるものの柵に生きる、生き様を垣間見、『古事記』のが描く古代に生きた、人々の光景に憧憬を覚えるものである。
『古事記』を編纂をした太安万侶が、近年、昭和五十四年(1979)太安万侶(おおのやすまろ)の墓が発見され、昨今その墓が「太安万侶の墓」と確定された。その事によって「古事記」と「太安万侶」の編纂と実在性が明らかになって行くのである。
その後近世になって下記の国学者らによる『古事記』の研究が盛んになって行き、新たな『古事記』の再評価に繋がって行った。
荷田春満(かだのあずままろ)(1669~1736)伏見大社の神職に生まれ、徳川吉信宗に国学の学校の創設を嘆願した。
賀茂真淵(かものまぶち)(1697~1769)賀茂新宮の禰宜(ねぎ)の家に生まれ、荷田春満に入門し、田安家の和学の御用となった。
本居宣(もといのり)長(なが)(1730~1801)伊勢の商家に生まれ、医者を続けながら「記紀」を研究しながら「古事記」前四十四巻を著した。
平田(ひらた)篤(あつ)胤(たね)(1776~1843)出羽秋田藩士の子。脱藩し宣長に師事し、後に復古神道に貢献し神道の基礎を確立した。

「足利義満の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER

足利義満
「足利義満の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER
室町幕府3代将軍。1368年(応安元)~1394年(応永元)在職。2代将軍足利義詮の子。母は、石清水八幡宮社務善法寺通清の女紀良子。政所執事伊勢貞継邸で誕生。1361年(康安元)12月、南軍の入京により、赤松則祐に助けられて播磨白旗城に逃れた。1367年(貞治6)12月、義詮の死によって家督を継ぎ、よく368年(応安元)4月、元服、12月に征夷大将軍に補任された。細川頼之が補佐役になって幕政政治を指導した。1378年(永和3)3月、北小路室町光明院御所跡に造営していた新邸(室町殿)が完成した。義満は二条良基・西園寺実俊らを招いて竣工の祝いの宴を開いた。新邸の庭には鴨川の水を引き入れて池を作り、近衛家庭前の糸桜をはじめ諸家愛蔵の由緒ある花木が植えられたので、世人はこの邸を花亭とか花御所などと呼んだ。室町幕府の名も、この室町殿に由来している。1379年(康暦元)南軍の軍事行動鎮圧するために、大和に出陣中の土岐頼康、斯波義将ら有力守護菅で、幕政を壟断する管領細川頼之排斥運動が顕在化した。同年4月、反頼之派の有力守護達は花の御所を包囲し義満に頼之に罷免を迫った。義満は彼らの要求を受け入れて罷免した。この事件には義満の頼之の軌範を脱却しよう義満の思惑も多分絡んでいたのであろう。義満は斯波義将を管領に任じ、春屋妙葩を南禅寺の侍従とした。大きな課題は南北統一の名目のもとに南朝政権を完全に解体することであった。大内義弘らの仲介で南北朝合一を実現した。1394年(応永元)12月17日この義持に将軍職譲り、同月に太政大臣に叙任された。1399年10月に大内義弘が挙兵した(応仁の乱)この乱が義満が西園寺家から譲り受けた北山山荘でその造営にあたって義弘が土木事業の役を拒んだことにあったといわれる。対立は貿易で巨額な利益を経済力に「日本の国王」への道を歩み始めた大内氏が許せなかった。朝廷からも将軍と認めらえ絶頂期、北山第に碁小松天皇を招いて連日のように宴を開いていた日々を過ごす義満は突如急死し、足利幕府内は後継者も決まらないまま混乱をした。

​​​​​​​「戦後日本の回想・S27年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想s27
​​​​​​​「戦後日本の回想・S27年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
昭和27年ともなれば、日本の国体、国力も向上し国際的にもヘルシンキオリンピックにも参加し、ボクシングでは無名の白井義男の世界フライ級チャンピオンのマリオを破りチャンピオンに輝いた。国民の娯楽もボーリングが登場し、日劇ミュウジックホールが開場したり、映画の製作も壺井栄の「二十四の瞳」が話題を呼んだ。政治では与野党の対立は激しく対立し、学生運動や労働組合の活動も活発になって、ストが強行されたり、血メーデー事件も発生した。与党も自由党系と民主党系の保守党を軸に軍備拡張の機運が高まり、警察予備隊から保安隊に改組した。国際航空として羽田空港が「東京国際空港として運用して世界に向けての窓口として業務を開始した。所が発足して間もない日航が日航機もく星号が大島三原山に墜落し三十七人の犠牲者を出して衝撃を受けた。国民の娯楽の王者のラジオは受信機1000万台突破し、連続放送劇「君の名は」は劇的な人気を博し、放送時間委には、女風呂は空になったという。また早川電機が国内初の白黒テレビの生産を開始した。街にはスクターが流行し自動車も悪路を走り回るようになった。政治ではワンマン吉田総理は抜き打ち解散んで総選挙に打って出て、用意の出来なく与党乱立に攻勢をかけた。学生運動の過激化と日本独立して代わって日本の防衛の強化に「日米安全保障条約」が発行された。労組と全学連の武力衝突阻止に「破壊活動防止法」が保守政党が対抗し法制化した。

「戦後日本の回想・S23年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S23年
「戦後日本の回想・S23年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
戦後2,3年ともなれば、工業や建設、道路など国民のライフラインの建設の槌音高く、荒廃した闇市を壊して都市計画を進めて再建していった。対外的にも貿易も徐々に向上し、国の成長を見込めるようになってきた。国民の娯楽も映画、戦後歌謡、プロ野球の初ナイターが行われ、戦前ものの小説やアメリカからの文化や流行が導入され、ラジオに耳を傾けて流行歌や流行のファッションや芸術文化も取り戻し自由な表現で絵画や小説が次々発表された、小倉市初競輪を開催され、宝くじに夢を求めたり、テレビから連載ドラマや、「東京ウギブギ」が爆発的に流行した。また天才少女歌手美空ひばりが巷に流れ、企業と財界の癒着で「昭和電工議国事件」まで起こり、多党政党で芦田内閣が誕生した。
戦後処理に東条英機の絞首刑の東京裁判が判決下された。これからの日本は世界各国に戦争責任の「賠償問題」が大きな壁となって立ちはだかっていく日本だった。日本国中の工作機械・織機、工作機器など剥がされて東南アジアに戦争責任の賠償として船で運ば戦後日本の回想・S23年
れていった。日本の再建はゼロからの再建ではないマイナス100%からの再建であることを忘れてはならない。

​​​​​​​「戦後日本の回想・S26年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・s26
​​​​​​​「戦後日本の回想・S26年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
戦後、昭和25年より経済は朝鮮戦争の軍需景気によって街々の工場は活気づいていたが、マッカーサーとアメリカ大統領の朝鮮戦争の意見の相違によって連合軍最高司令官のマッカーサーは解任された。ワンマンのマッカーサー帰国に空港に20万人も見送り、日本の独立と自立を促すサンフランシスコ講和条約に野党社会党らと単独か全面講和かに意見が分かれ、国会は紛糾して吉田首相の単独講和に進めらえた。7月には朝鮮戦争も休戦となり、マッカーサーの後任のリッジウエイがGHQを引き継いだ。日本も独立に向かって、日本航空を発足させ、民間ラジオを開局させ、茶の間の上の棚にラジオが置かれ、国民の落語・浪曲・連続ドラマと多彩な楽しみが増えた。またNHKがテレビ初の実験実況中継でプロ野球を放送した。この年からパチンコが大流行し出し、また映画の製作も各社盛んに制作され、ベネチェア映画祭で「羅生門」グランプリ受賞し大いに喝さいを浴びた。また書店には絶大な人気を博した「鉄腕アトム」が少年らに夢を与えた。

「戦後日本の回想・S24年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S24
「戦後日本の回想・S24年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
昭和24年ともなれば、経済も徐々に成長し、アメリカから収支均衡予算の編成するように注文を付けら、実質を伴わない「竹馬経済」と揶揄された。日本周辺諸国を見れば、東南アジアは独立が加速し、それにつれ国交回復と貿易も盛んになり、日本の得意分野の成長が著しく見られた。何より日本人に自信と誇りをもたらしたのは「湯川秀樹のノーベル賞」受賞であった。この頃より労働組合の組織拡大がみられ、国鉄の労使の対立が激化し、特にGHQのレッド・パージは日々厳しく規制がかけられた。そんな時労使の対立から下山事件・三鷹事件・松山事件がGHQがらみで謎の事件が連続して起き、国民に話題を呼んだが未だその解明に至っていない。また海外の戦地に有って捕虜となっていた旧陸海軍の復員も盛んになって、特にソ連の奥深く収容されたシベリア抑留者の祖国日本に帰国の兵士の話題をまいた。国民の娯楽は映画・戦後歌謡・ラジオの連続ドラマなど多彩になっていった。GHQ街々の空にはGHQの許可によってアドバルーンが彩り、スマートボールやパチンコなども現れ始め、競輪も庶民の娯楽として各地に開催されるようになった。

​​​​​​​「戦後日本の回想・S26年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S26
​​​​​​​「戦後日本の回想・S26年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
戦後、昭和25年より経済は朝鮮戦争の軍需景気によって街々の工場は活気づいていたが、マッカーサーとアメリカ大統領の朝鮮戦争の意見の相違によって連合軍最高司令官のマッカーサーは解任された。ワンマンのマッカーサー帰国に空港に20万人も見送り、日本の独立と自立を促すサンフランシスコ講和条約に野党社会党らと単独か全面講和かに意見が分かれ、国会は紛糾して吉田首相の単独講和に進めらえた。7月には朝鮮戦争も休戦となり、マッカーサーの後任のリッジウエイがGHQを引き継いだ。日本も独立に向かって、日本航空を発足させ、民間ラジオを開局させ、茶の間の上の棚にラジオが置かれ、国民の落語・浪曲・連続ドラマと多彩な楽しみが増えた。またNHKがテレビ初の実験実況中継でプロ野球を放送した。この年からパチンコが大流行し出し、また映画の製作も各社盛んに制作され、ベネチェア映画祭で「羅生門」グランプリ受賞し大いに喝さいを浴びた。また書店には絶大な人気を博した「鉄腕アトム」が少年らに夢を与えた。

​​​​​​​「戦後日本の回想・S24年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S24
​​​​​​​「戦後日本の回想・S24年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
昭和24年ともなれば、経済も徐々に成長し、アメリカから収支均衡予算の編成するように注文を付けら、実質を伴わない「竹馬経済」と揶揄された。日本周辺諸国を見れば、東南アジアは独立が加速し、それにつれ国交回復と貿易も盛んになり、日本の得意分野の成長が著しく見られた。何より日本人に自信と誇りをもたらしたのは「湯川秀樹のノーベル賞」受賞であった。この頃より労働組合の組織拡大がみられ、国鉄の労使の対立が激化し、特にGHQのレッド・パージは日々厳しく規制がかけられた。そんな時労使の対立から下山事件・三鷹事件・松山事件がGHQがらみで謎の事件が連続して起き、国民に話題を呼んだが未だその解明に至っていない。また海外の戦地に有って捕虜となっていた旧陸海軍の復員も盛んになって、特にソ連の奥深く収容されたシベリア抑留者の祖国日本に帰国の兵士の話題をまいた。国民の娯楽は映画・戦後歌謡・ラジオの連続ドラマなど多彩になっていった。GHQ街々の空にはGHQの許可によってアドバルーンが彩り、スマートボールやパチンコなども現れ始め、競輪も庶民の娯楽として各地に開催されるようになった。

​​​​​​​「戦後日本の回想・S25年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S25
​​​​​​​「戦後日本の回想・S25年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
戦後2,3年ともなれば、工業や建設、道路など国民のライフラインの建設の槌音高く、荒廃した闇市を壊して都市計画を進めて再建していった。対外的にも貿易も徐々に向上し、国の成長を見込めるようになってきた。国民の娯楽も映画、戦後歌謡、プロ野球の初ナイターが行われ、戦前ものの小説やアメリカからの文化や流行が導入され、ラジオに耳を傾けて流行歌や流行のファッションや芸術文化も取り戻し自由な表現で絵画や小説が次々発表された、小倉市初競輪を開催され、宝くじに夢を求めたり、テレビから連載ドラマや、「東京ウギブギ」が爆発的に流行した。また天才少女歌手美空ひばりが巷に流れ、企業と財界の癒着で「昭和電工議国事件」まで起こり、多党政党で芦田内閣が誕生した。
戦後処理に東条英機の絞首刑の東京裁判が判決下された。これからの日本は世界各国に戦争責任の「賠償問題」が大きな壁となって立ちはだかっていく日本だった。日本国中の工作機械・織機、工作機器など剥がされて東南アジアに戦争責任の賠償として船で運ばれていった。日本の再建はゼロからの再建ではないマイナス100%からの再建であることを忘れてはならない。

「戦後日本の回想・S23年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S23年
「戦後日本の回想・S23年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
戦後2,3年ともなれば、工業や建設、道路など国民のライフラインの建設の槌音高く、荒廃した闇市を壊して都市計画を進めて再建していった。対外的にも貿易も徐々に向上し、国の成長を見込めるようになってきた。国民の娯楽も映画、戦後歌謡、プロ野球の初ナイターが行われ、戦前ものの小説やアメリカからの文化や流行が導入され、ラジオに耳を傾けて流行歌や流行のファッションや芸術文化も取り戻し自由な表現で絵画や小説が次々発表された、小倉市初競輪を開催され、宝くじに夢を求めたり、テレビから連載ドラマや、「東京ウギブギ」が爆発的に流行した。また天才少女歌手美空ひばりが巷に流れ、企業と財界の癒着で「昭和電工議国事件」まで起こり、多党政党で芦田内閣が誕生した。
戦後処理に東条英機の絞首刑の東京裁判が判決下された。これからの日本は世界各国に戦争責任の「賠償問題」が大きな壁となって立ちはだかっていく日本だった。日本国中の工作機械・織機、工作機器など剥がされて東南アジアに戦争責任の賠償として船で運ばれていった。日本の再建はゼロからの再建ではないマイナス100%からの再建であることを忘れてはならない。

​​​​​​​「戦後日本の回想・S22年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S22
​​​​​​​「戦後日本の回想・S22年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
「戦後直後の政界は多党政治で自由党から民主党、社会党、共同民主党や進歩党と乱立し離合集散を繰り返し、不安定な政治運営、国家予算も疲弊し、アメリカからは政策に注文マーシャルプランを進めて、物資不足で闇市や買い出しに、ヤミ米が横行し、国民の娯楽はラジオクイズに連続放送に映画館は人だかりで、夜ともなれば学校の校庭で無料の映画の夕べで庶民は唯一の楽しみで、街には芝居小屋に土さ廻りの旅の一座が巡業し、食事は代用食と言って、サツマイモや麦飯で空腹に耐えた。一家に一つの裸電球と度々電力不足で停電でろうそくで長い夜を凌ぎ、交通の便も悪く舗装のしていない砂利道に行き交い、少しの雨でも泥濘になり、雨が降り続けば一面川のように、不衛生な状態に、配給に行列に並び、その日暮らしの日々であった。東京地裁の判事は配給の米だけで暮らし、栄養失調で亡くなった。やりくりやりくりの日々の生活であった。庶民の不満は労働組合へ組み込まれストを決行、マッカーサー総司令官の命令で中止され、日本政府よりGHQの発言のほうが強力であった。アメリカからは支援の援助があったが、東南アジアの国々からの国交回復は賠償問題から始めなければならず、国家再建と賠償の二重の苦しみを不況と貧困に立ち向かわなければならなかった。。

​​​​​​​「歴史の回想・天狗党の乱」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

天狗
​​​​​​​「歴史の回想・天狗党の乱」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
1、「幕末末期の元治元年(1864)水戸藩尊攘激派による筑波山挙兵とその後の騒乱事件。「天狗」とは、新参軽格の士が多い天保改革派にたいして反改革派が用いた蔑称で、譜代門閥の者には鼻高々の成り上がり者に映ったのだろう。一方、改革派は反改革派を「好物」と呼んだ。天狗党の主流は安政期頃から尊攘派として活動。安政5年(1858)前藩主徳川斉昭らの謹慎処分撤回を求める運動を展開したが、翌年戊午の密勅の取り扱いに巡って過激派と慎重派に分裂し。過激は天狗党につながり、鎮派の大方は弘道館書生や門閥派と結合し反天狗の諸生党を結び、両党は熾烈な武力闘争を生み出した。激派から桜田門外の変の関係者が出ている。1864年3月藤田小四郎、竹内百太郎、新治郡安食村の豪農で郷士らは各地の郷校に駐屯する同志を誘い、町奉行田丸稲之衛門を首領にして攘夷を旗印に筑波山に挙兵し、挙兵時は数百人に過ぎなかったが、各地から有志が参集し、一時1000人余りになった。天狗党は北関東を各地を横行し、追討軍と緒戦は優勢であった。だが次第に皇太子、藩内事情に起因する諸生党との抗争に縮小していった。10月那珂湊の戦いに敗れた一党は、元家老の武田耕雲斉を総裁にして、京都にいる一橋慶喜を頼り朝廷に真意を伝えるべく西上。一党は、下野、上野、信濃、飛騨の各地で追討軍と戦いながら、進んだが12月20日越前新保で加賀藩823人が降伏。翌年2月には敦賀で耕雲斉・小四郎ら352人が斬られ、そのほかも遠島、追放などに処せられた。しかしその後も両党の抗争は終わらず、明治元年1868年の弘道館の戦いに諸生党が実質的に滅びるまで続いた。

「歴史の回想・太平洋戦争」アマゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電子書籍

太平洋戦争 (2)
「歴史の回想・太平洋戦争」アマゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電子書籍
太平洋戦争(戦争の呼称)昭和16年(1941)から1945年にかけて、日本と中国・アメリカ・イギリス・オランダなど連合国との間で戦われた戦争。国際的には第二次世界大戦の一環であり、日本にとっては1931年満州事変以来の対中国侵略戦争を拡大したもので、政府はこの戦争を「志那事変」を含めて「大東亜戦争」と呼称した。しかし、敗戦後の1945年9月以降は太平洋戦争と呼ぶようになった。太平洋戦争はまた、満州事変及び日中戦争とともに「十五年戦争」と総称される場合もある。なお学会には、戦争の実態を表す「アジア・太平洋戦争」の呼称を使用すべきでないという意見もある。「開戦までの経緯」1937年の盧溝橋事件で本格化した日中戦争は、日本では「志那事変」と呼ばれたが、紛れもなく全面戦争となった。当初、政府も軍部も中国の抗日民族統一戦線の力量を軽視していた。ところが中国の予想外の強い抵抗で戦闘は拡大の一途をたどり、1938年秋の武漢・広東攻略戦で、日本軍の攻撃は限界に達し、戦争は長期持久戦の泥沼に落ち込んでいった。しかも一方で中国と戦いながら、陸軍はソ連、海軍はアメリカを敵として軍備の大拡張続けていたから、軍需の拡大が国民生活をを圧迫し国内の矛盾は深刻になっていった。1939年にヨーロッパで第二次世界大戦がはじまり、1940年春以来、ドイツ軍が英仏軍を破り、フランスを降伏させるなど、西部戦線が電撃的勝利を収めと、日本はこれに便乗して東南アジアに進出してその資源を手に入れようとして行き詰った日中戦争を打開しようとした。そして南方に進出拠点として、1940年9月仏領インドシナ北部に武力進出、さらにドイツ、イタリア日独伊三国同盟を結んだために、アメリカ、イギリスとの対立が激化すた。アメリカは石油の輸出制限の強化するなど経済制裁に乗り出した。第二次近衛文麿内閣は、1941年4月から日米間の国交調整を図ろうとして日米交渉を開始した。アメリカは日本の中国からの撤兵を求め、日本は撤兵に応じず資源獲得を求めたが、交渉妥結には至らなかった。この間に1941年6月独ソ戦争準備と南方に進出の両方を進めるという南北併進の国策を決定した。しかし日本は期待に反してソ連敗北の事態は起こらず8月に対ソ攻撃のの計画を中止、南進を進み始めた。9月6日開戦を決意し躊躇した近衛文麿内閣が総辞職し、同月18日に主戦論者の東条英機内閣が成立した。東条内閣は11月5日に御前会議に12月初頭の開戦を決定し、11月26日アメリカから従来通り中国から撤兵することを要求された。12月1日にの御前会議に最終的に対米英戦争を決定した。1941年12月8日早朝、宣戦布告に先立って陸軍のマレ半島に上陸、海軍の真珠湾攻撃が奇襲戦法によって始まった。当初は相手の準備不足に付け込み計画通りに進んだが、兵站戦の準備不足に物資、武器不足に徐々に後退し、後手後手の作戦に後退の一途をたどり、太平洋海戦で主力空母や戦艦を失い、攻略した南太平洋の拠点の島々はアメリカ軍に玉砕をしていった。日本軍の防衛線は次々破られて、特攻隊を仕立て若い兵士の肉弾戦闘機となって自爆していった。それでも事態や、戦線は好転せず、後退を強いられて、敗戦を重ね、日本兵・民間人には過酷なイバラの道に突き進んでいった。

​​​​​​​「戦後日本の回想・S22年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S22
​​​​​​​「戦後日本の回想・S22年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
「戦後直後の政界は多党政治で自由党から民主党、社会党、共同民主党や進歩党と乱立し離合集散を繰り返し、不安定な政治運営、国家予算も疲弊し、アメリカからは政策に注文マーシャルプランを進めて、物資不足で闇市や買い出しに、ヤミ米が横行し、国民の娯楽はラジオクイズに連続放送に映画館は人だかりで、夜ともなれば学校の校庭で無料の映画の夕べで庶民は唯一の楽しみで、街には芝居小屋に土さ廻りの旅の一座が巡業し、食事は代用食と言って、サツマイモや麦飯で空腹に耐えた。一家に一つの裸電球と度々電力不足で停電でろうそくで長い夜を凌ぎ、交通の便も悪く舗装のしていない砂利道に行き交い、少しの雨でも泥濘になり、雨が降り続けば一面川のように、不衛生な状態に、配給に行列に並び、その日暮らしの日々であった。東京地裁の判事は配給の米だけで暮らし、栄養失調で亡くなった。やりくりやりくりの日々の生活であった。庶民の不満は労働組合へ組み込まれストを決行、マッカーサー総司令官の命令で中止され、日本政府よりGHQの発言のほうが強力であった。アメリカからは支援の援助があったが、東南アジアの国々からの国交回復は賠償問題から始めなければならず、国家再建と賠償の二重の苦しみを不況と貧困に立ち向かわなければならなかった。。

『太閤の夢の夢』アマゾン書籍電子書籍紹介 角川電子書籍・

太閤の夢の夢
『太閤の夢の夢』アマゾン書籍電子書籍紹介 角川電子書籍・
豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし)または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。
 初め木下氏を名字とし、羽柴氏に改める。本姓としては、初め平氏を自称するが、近衛家の猶子となり藤原氏に改姓した後、正親町天皇から豊臣氏を賜姓された。
 織田信長が西暦1534年六月生まれ、豊臣秀吉が西暦1537年三月生まれ、徳川家康が西暦1543年一月生まれで三傑の年齢差は三歳・六歳違いのほぼ同世代の英雄である。
農民の子として生まれ天下人になり立身出世した。
 天下統一を果たした織田信長の家臣として活躍後、信長の本能寺の横死後に後継者争いに勝利を収めた。 柴田勝家・徳川家康を押さえて関白に任官し、紀伊・四国・越中攻略など経て九州平定・小田原征伐を終えて盤石な天下統一を果たした。
 日本の天下統一を果たした天下人秀吉は大明帝国の征服を目指し、配下の西国の諸大名を糾合して遠征軍を立ち上げた。秀吉は(明の)冊封国である李氏朝鮮に服属を強要したが拒まれたため、この遠征軍をまず朝鮮に差し向けた。
 秀吉の野望は日本の遥か周辺国に目が向けらえて、朝鮮出兵で多大な損失を受けた。あろうことか中国の明をを支配下に置く野望を持ったが、秀吉死去などうやむやの内に敗北を帰した。秀吉は後継者に恵まれず、甥の秀次に関白に譲るが、皮肉にもその後継子・秀頼の誕生に溺愛、老いの一徹、非情な秀次切腹事件で晩成を汚しつつ、慶長三年(1598)八月一八日に六二歳で没した。

「戦後日本の回想・S23年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S23年
「戦後日本の回想・S23年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
戦後2,3年ともなれば、工業や建設、道路など国民のライフラインの建設の槌音高く、荒廃した闇市を壊して都市計画を進めて再建していった。対外的にも貿易も徐々に向上し、国の成長を見込めるようになってきた。国民の娯楽も映画、戦後歌謡、プロ野球の初ナイターが行われ、戦前ものの小説やアメリカからの文化や流行が導入され、ラジオに耳を傾けて流行歌や流行のファッションや芸術文化も取り戻し自由な表現で絵画や小説が次々発表された、小倉市初競輪を開催され、宝くじに夢を求めたり、テレビから連載ドラマや、「東京ウギブギ」が爆発的に流行した。また天才少女歌手美空ひばりが巷に流れ、企業と財界の癒着で「昭和電工議国事件」まで起こり、多党政党で芦田内閣が誕生した。
戦後処理に東条英機の絞首刑の東京裁判が判決下された。これからの日本は世界各国に戦争責任の「賠償問題」が大きな壁となって立ちはだかっていく日本だった。日本国中の工作機械・織機、工作機器など剥がされて東南アジアに戦争責任の賠償として船で運ばれていった。日本の再建はゼロからの再建ではないマイナス100%からの再建であることを忘れてはならない。

「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

疫病の襲来
「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
「古代日本に天然痘の襲来」人類誕生後、弛まない進化によって、この地球上に高度な文明を構築し地球上の征服者として君臨してきたが、その文明科学に立ちはだかる三大脅威・苦難が「天災と戦争と疫病」がある。日本史上を見ても、平城京に襲った天然痘の大流行があって、政治の政権中枢にあって権勢を誇った「藤原四兄弟」は次々に天然痘(疱瘡)に亡くなった。一時は政治も朝廷の儀式・行事も機能しなくなったという。また民百姓まで伝染し、一説に日本の人口の4分のⅠが失われたという。
今日では放送は根絶されたというが、我々子どもの子供頃は学校で疱瘡の予防接種が腕に傷つけ菌を植え付け抗体をつけたものである。「東アジアから日本に来襲した天然痘」
中国では、南北朝時代の斉が495年に北魏と交戦して流入し、流行したとするのが最初の記録である。頭や顔に発疹ができて全身に広がり、多くの者が死亡し、生き残った者は瘢痕を残すというもので、明らかに天然痘である。その後短期間に中国全土で流行し、6世紀前半には朝鮮半島でも流行を見た。
日本には元々存在せず、中国・朝鮮半島からの渡来人の移動が活発になった6世紀半ばに最初のエピデミックが見られたと考えられている。折しも新羅から弥勒菩薩像が送られ、敏達天皇が仏教の普及を認めた時期と重なったため、日本古来の神をないがしろにした神罰という見方が広がり、仏教を支持していた蘇我氏の影響力が低下するなどの影響が見られた。
『日本書紀』には「瘡(かさ)発(い)でて死(みまか)る者――身焼かれ、打たれ、摧(砕)かるるが如し」とあり、瘡を発し、激しい苦痛と高熱を伴うという意味で、天然痘の初めての記録と考えられる(麻疹などの説もある)。585年の敏達天皇の崩御も天然痘の可能性が指摘されている。
735年から738年にかけては西日本から畿内にかけて大流行し、「豌豆瘡(「わんずかさ」もしくは「えんどうそう」とも)」と称され、平城京では政権を担当していた藤原四兄弟が相次いで死去した(天平の疫病大流行)。天平の疫病大流行(てんぴょうのえきびょうだいりゅうこう)は、735年から737年にかけて奈良時代の日本で発生した天然痘の流行。ある推計によれば、当時の日本の総人口の25–35パーセントにあたる、100万–150万人が感染により死亡したとされている。

「浅井長政の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER

浅井長政の
「浅井長政の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER
浅井長政(1545年~1573年)北近江の戦国大名。足久政の子。名ははじめ賢政。備前守を称す。南近江の戦国大名六角氏の重臣平井定武の娘と結婚したが、六角の下に立つことを嫌って離縁して、1560年(永禄3)の野良田表の戦いで六角氏を破った。1567年、織田信長が美濃平定すると、信長の妹お市の方と結婚して信長と同盟関係を形成させた。浅井氏は、初代浅井亮政の時から越前朝倉氏とのつながりが強く、1570年(元亀元)4月、信長が朝倉氏を攻めたときは、信長との同盟を破棄。同年6月の姉川の戦いで、長政は小谷城に籠城する形になり、1573年(天正元)信長方に攻められて落城、自刃した。お市の方と3人の娘(茶々・淀殿)発、小督は城を出たが、嫡男万福丸は木下秀吉によって殺され、浅井氏は断絶した。

​​​​​​​「戦後日本の回想・S23年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S23年
​​​​​​​「戦後日本の回想・S23年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
戦後2,3年ともなれば、工業や建設、道路など国民のライフラインの建設の槌音高く、荒廃した闇市を壊して都市計画を進めて再建していった。対外的にも貿易も徐々に向上し、国の成長を見込めるようになってきた。国民の娯楽も映画、戦後歌謡、プロ野球の初ナイターが行われ、戦前ものの小説やアメリカからの文化や流行が導入され、ラジオに耳を傾けて流行歌や流行のファッションや芸術文化も取り戻し自由な表現で絵画や小説が次々発表された、小倉市初競輪を開催され、宝くじに夢を求めたり、テレビから連載ドラマや、「東京ウギブギ」が爆発的に流行した。また天才少女歌手美空ひばりが巷に流れ、企業と財界の癒着で「昭和電工議国事件」まで起こり、多党政党で芦田内閣が誕生した。
戦後処理に東条英機の絞首刑の東京裁判が判決下された。これからの日本は世界各国に戦争責任の「賠償問題」が大きな壁となって立ちはだかっていく日本だった。日本国中の工作機械・織機、工作機器など剥がされて東南アジアに戦争責任の賠償として船で運ばれていった。日本の再建はゼロからの再建ではないマイナス100%からの再建であることを忘れてはならない。
Profile

FC2USER308672URX

Author:FC2USER308672URX
著者紹介
1943年東大阪市生まれ。著書紹介・歴史研究会に参加、歴史大賞」受賞。書籍・『太閤の夢の夢』『政僧・天海と崇伝』『重源』『古事記が紡ぐ一ノ宮の神々』『日本仏教十三宗諸派総覧』『日本神道の神々』『芭蕉紀行漂泊の憧憬』『重源』歴研出版より、『平安僧兵奮戦記』840円。自費出版多数、アマゾン電子書籍・。BOOK★WALKER電子書籍」」『宇都宮城釣天井事件』『芭蕉紀行漂泊の憧憬』『幕藩一揆の攻防』「古事記が描く古代の憧憬』『古代史の群像の標榜』『古事記が紡ぐ一ノ宮の神々』『中世仏教立宗開花』『古事記が描く古代の世界』『徐福・神仙郷に消える』『平城京の麻呂の騒乱』『重源』『天明飢饉の鎮魂』『幕政三改革の世情と功罪』『魏志和人伝』『犬将軍綱吉の治世』『政僧・天海と崇伝』『修験道の神仏』『神仏分離令の功罪』『宇都宮城釣天井事件』『風雲三好一族の攻防』『大久保長安事件の陰謀』『秀次切腹事件』『日本二十三大師の足跡』『日本十三宗諸派総覧』『日本神道の神々』『幕藩・禍根の清算』『幕藩大名家の存亡』『太閤の夢の夢』『南都・北嶺の僧乱記』『戦国大名』・『敗将の有終』『足利将軍家の変遷」『大名家のお家騒動』『小田原征伐の攻防』『秀吉・紀州征伐の攻略』『後白河・院政の攻防』『五山十刹』『将軍家を支えた幕閣』「戦国武将の群像」シーリーズ多数。「歴史の回想」・シリーズ多数。他。参考資料・歴史大事典・プリタニカ、 ウィキペディア・ニッポニカ・広辞苑・他多数。

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.