「信玄の西上作戦」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

西上作戦
「信玄の西上作戦」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
「西上作戦の起因」(せいじょうさくせん)とは、元亀3年(1572年)9月から元亀4年(1573年)4月にかけて行なわれた甲斐武田氏による遠征。 
尾張の織田信長とは永禄年間から領国を接し、外交関係が始まっており、永禄8年(1565年)には東美濃の国衆である遠山直廉の娘(信長の姪にあたる)を信長が養女として武田家の世子である武田勝頼に嫁がせることで友好的関係を結んだ。その養女は男児(後の武田信勝)を出産した直後に死去したが、続いて信長の嫡男である織田信忠と信玄の娘である松姫の婚約が成立している。織田氏の同盟国である徳川氏とは三河・遠江をめぐり対立を続けていたが、武田と織田は友好的関係で推移している。
元亀2年(1571年)の織田信長による比叡山焼き討ちの際、信玄は信長を「天魔ノ変化」と非難し、比叡山延暦寺を甲斐に移して再興させようと図った。天台座主の覚恕法親王(正親町天皇の弟宮)も甲斐へ亡命して、仏法の再興を信玄に懇願した。信玄は覚恕を保護し、覚恕の計らいにより権僧正という高位の僧位を元亀3年(1572年)に与えられた。また、元亀2年には甲相同盟が回復している。
元亀3年(1572年)10月3日、信玄は将軍・足利義昭の信長討伐令の呼びかけに応じる形で甲府を進発した。武田勢は諏訪から伊那郡を経て遠江に向かい、山県昌景と秋山虎繁の支隊は徳川氏の三河へ向かい、信玄本隊は馬場信春と青崩峠から遠江に攻め入った。
信玄率いる本隊は、信長と交戦中であった浅井長政、朝倉義景らに信長への対抗を要請し、10月13日に徳川方の諸城を1日で落とし、山県昌景軍は柿本城、井平城(井平小屋城)を落として信玄本隊と合流した。一方11月に信長の叔母のおつやの方が治める東美濃の要衝岩村城が秋山虎繁に包囲されて軍門に下った。
これに対して、信長は信玄と義絶するが、浅井長政、朝倉義景、石山本願寺の一向宗徒などと対峙していたため、家康に佐久間信盛、平手汎秀らと3000の兵を送る程度に止まった。家康は10月14日、武田軍と遠江一言坂において戦い敗退している(一言坂の戦い)。12月19日には、(武田軍は)遠江の要衝である二俣城を陥落させた(二俣城の戦い)。
劣勢に追い込まれた家康は浜松城に籠城の構えを見せたが、浜松城を攻囲せず西上する武田軍の動きを見て出陣した。しかし遠江三方ヶ原において、12月22日に信玄と決戦し敗退している(三方ヶ原の戦い)。
しかしここで(信玄は)盟友・浅井長政の援軍として北近江に参陣していた朝倉義景の撤退を知る。信玄は義景に文書を送りつけ(伊能文書)再度の出兵を求めたものの、義景はその後も動こうとしなかった。
信玄は軍勢の動きを止め浜名湖北岸の刑部において越年したが、元亀4年(1573年)1月には三河に侵攻し、2月10日には野田城を落とした(野田城の戦い)。3月6日、岩村城に秋山虎繁を入れた。
スポンサーサイト



「芭蕉紀行漂泊の憧憬」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

芭蕉紀行漂泊の道警
「芭蕉紀行漂泊の憧憬」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
「月日は百代の過客(かきゃく)にして、行きかふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、日々旅にして、旅を栖(すみか)とす。」
この名文は誰もが知っている芭蕉の「おくのほそ道」の冒頭の名文である。
 感銘ある言葉の響きは、哲学を秘めた生死観であり、凝縮(ぎょうしゅく)された人生観である。
紀行文は見聞録として江戸時代中期の陸奥、北陸などの地方の世相、世情を後世に伝える歴史の確認の指標である。
古人の足跡と古歌、神話の説話や西行の歌枕(うたまくら)を辿りながら、時には杜(と)甫(ほ)の漢詩の一節を思い出しながら、俳諧の人脈を通じて名所、古跡の奥州と、その時代の情景、日々の暮らしとその光景が、紀行記述が俳諧(はいかい)を通じて味わい深い言葉で綴られている。
感性に満ち溢れた美的表現の枠を極めている。この最初に出てくる冒頭文で全体の作者の思いが察知できると言うものである。
また芭蕉は流派や大店の旦那衆の句会の連歌の集まりに、机上の俳諧より、広い世間に見聞する為に、身の危険も顧みず、未知の世界のみちのくの旅へ、思い立たせたのではないだろうか、それは芭蕉の気宇(きう)壮大(そうだい)な自然と人々の日々の生業と森羅万象の移り変わりを句に表すことに意図とした旅でもあった。
それはとりもなおさず、芭蕉の理念や信念や崇高な世界観の評価より、今から三百年余り前の陸奥、北陸地方の農民は漁民の日々の暮らしの句や紀行文にしたためたことと、また名所古跡や先人の流浪の足跡を記述に残したことと、また時間を隔てて今、その時代を世情や世相が知ることができることにある。
今、改めて足跡を辿るに、芭蕉の偉大さは今から三百年余りの江戸時代の「みちのく」の美景、情景、旅情を、独自の史観と世界観を持って切り取り、句に詩に、その思いや考えを込めて「おくのほそ道」に書き綴った功績は大きい。
書き綴られた「おくのほそ道」によって、後世の今、我々は当時の様々な美景、情景、旅情を句や詩の独自な表現を通じて知ることができた。
芭蕉のみちのく旅の「おくのほそ道」の行程予定は「歌枕」「古歌」の名所を辿ることで、おおよそ、その地図とその足跡が見えてくる。
先人に学び貴ぶ謙虚な芭蕉の姿勢が読み取れる。現代人には、その先人への畏敬と謙虚さが欠落していることを、「紀行文」が教えている。
また芭蕉の物事の興味旺盛は物見遊山のなかに、土地土地の人々の暮らしぶりを観察し俳句に綴っていく紀行であった。
また道中の出来事風景や習慣、習わしを詳しく書き残したことで元禄二年(1689)の時代背景を知ることが出来る。
「月日は百代の過客(かきゃく)にして、行きかふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、日々旅にして、旅を栖(すみか)とす。」
この名文は誰もが知っている芭蕉の「おくのほそ道」の冒頭の名文である。
 感銘ある言葉の響きは、哲学を秘めた生死観であり、凝縮(ぎょうしゅく)された人生観である。
紀行文は見聞録として江戸時代中期の陸奥、北陸などの地方の世相、世情を後世に伝える歴史の確認の指標である。
古人の足跡と古歌、神話の説話や西行の歌枕(うたまくら)を辿りながら、時には杜(と)甫(ほ)の漢詩の一節を思い出しながら、俳諧の人脈を通じて名所、古跡の奥州と、その時代の情景、日々の暮らしとその光景が、紀行記述が俳諧(はいかい)を通じて味わい深い言葉で綴られている。
感性に満ち溢れた美的表現の枠を極めている。この最初に出てくる冒頭文で全体の作者の思いが察知できると言うものである。
また芭蕉は流派や大店の旦那衆の句会の連歌の集まりに、机上の俳諧より、広い世間に見聞する為に、身の危険も顧みず、未知の世界のみちのくの旅へ、思い立たせたのではないだろうか、それは芭蕉の気宇(きう)壮大(そうだい)な自然と人々の日々の生業と森羅万象の移り変わりを句に表すことに意図とした旅でもあった。
それはとりもなおさず、芭蕉の理念や信念や崇高な世界観の評価より、今から三百年余り前の陸奥、北陸地方の農民は漁民の日々の暮らしの句や紀行文にしたためたことと、また名所古跡や先人の流浪の足跡を記述に残したことと、また時間を隔てて今、その時代を世情や世相が知ることができることにある。
今、改めて足跡を辿るに、芭蕉の偉大さは今から三百年余りの江戸時代の「みちのく」の美景、情景、旅情を、独自の史観と世界観を持って切り取り、句に詩に、その思いや考えを込めて「おくのほそ道」に書き綴った功績は大きい。
書き綴られた「おくのほそ道」によって、後世の今、我々は当時の様々な美景、情景、旅情を句や詩の独自な表現を通じて知ることができた。
芭蕉のみちのく旅の「おくのほそ道」の行程予定は「歌枕」「古歌」の名所を辿ることで、おおよそ、その地図とその足跡が見えてくる。
先人に学び貴ぶ謙虚な芭蕉の姿勢が読み取れる。現代人には、その先人への畏敬と謙虚さが欠落していることを、「紀行文」が教えている。
また芭蕉の物事の興味旺盛は物見遊山のなかに、土地土地の人々の暮らしぶりを観察し俳句に綴っていく紀行であった

また道中の出来事風景や習慣、習わしを詳しく書き残したことで元禄二年(1689)の時代背景を知ることが出来る。

​​​​​​​「古事記が描く説話の憧憬」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

古事記が描く説話の承継
​​​​​​​「古事記が描く説話の憧憬」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
『古事記』は現存する日本最古の史書とされ、二十九年間の舎人・稗田阿礼らの誦習と四カ月の編纂、全三巻で構成され、和銅五年(712年)に太安万侶によって編纂された。編算に当たって「帝紀」「旧辞」(参考資料)にされて作られた。
『古事記』の趣旨内容は大きく分けて、史的記述と説話記述に分類される。中でも説話の部分の情景は想像をかきたてる。
気宇壮大で荘厳で、痛快活劇、報復と応酬、喜怒哀楽の憎愛、露骨な性描写・奇想天外な武勇伝説話の展開・天地開闢・国生み神生み・黄泉の世界・禊・天の岩戸・大蛇退治・稲葉の素兎・根之堅洲国・国譲り・天降り・熊野から大和・倭建命の英雄伝説・兄弟の王権争奪戦・父王の怨念の復讐・禁断の愛・聖帝と女性遍歴・忘れられた八十年間待った約束・また歌に詠み込まれた数々の哀愁・優雅な皇宮の暮らしの風景などなど、これらの『古事記』の数々の描かれた説話から、古代の情景が浮かび上がってくる。
時代の趨勢と運命に生き、今日と変わらない生きとし生けるものの柵に生きる、生き様を垣間見、『古事記』のが描く古代に生きた、人々の光景に憧憬を覚えるものである。
『古事記』を編纂をした太安万侶が、近年、昭和五十四年(1979)太安万侶(おおのやすまろ)の墓が発見され、昨今その墓が「太安万侶の墓」と確定された。その事によって「古事記」と「太安万侶」の編纂と実在性が明らかになって行くのである。
その後近世になって下記の国学者らによる『古事記』の研究が盛んになって行き、新たな『古事記』の再評価に繋がって行った。
荷田春満(かだのあずままろ)(1669~1736)伏見大社の神職に生まれ、徳川吉信宗に国学の学校の創設を嘆願した。
賀茂真淵(かものまぶち)(1697~1769)賀茂新宮の禰宜(ねぎ)の家に生まれ、荷田春満に入門し、田安家の和学の御用となった。
本居宣(もといのり)長(なが)(1730~1801)伊勢の商家に生まれ、医者を続けながら「記紀」を研究しながら「古事記」前四十四巻を著した。
平田(ひらた)篤(あつ)胤(たね)(1776~1843)出羽秋田藩士の子。脱藩し宣長に師事し、後に復古神道に貢献し神道の基礎を確
立した。

『大和朝廷王権の群像』角川電子書籍・アマゾン電子書籍紹介

大和朝廷の群像 (2)

『大和朝廷王権の群像』アマゾン電子書籍紹介
仏教伝来と蘇我氏の台頭、大和朝廷の確立の飛鳥時代に蘇我三代の渡る強権から、乙巳の変から壬申乱を経て、平安京に遷都されるまでの、二百年余り波乱と国家形成の中、日本の国家の骨格を成す重要な時代でも有った。
敏達、用明、崇峻、推古、舒明、皇極、孝徳、天智、弘文、天武、持統、文武、元明、元正、聖武、孝謙、淳仁、光仁、桓武の二十人の天皇と六人の女帝と二回の重祚、異例尽くめの政変、飛鳥から難波宮遷都、再び飛鳥に、そして近江大津宮、そして飛鳥浄御原宮、大藤原京に、平城京へそして恭仁宮、紫信楽宮と点々として遷都されて、平安京に至るまでの間に、皇権と政権を巡る戦いは、次の時代に打たれる「布石は新たな物語を、喜怒と盛衰の、間に間に、繰り広げられていった」200年余りの凝縮された時代を振り返って、歴史は私達に何を伝え残したのか、歴史の検証したものである。
  

大和朝廷の群像 (2)
『大和朝廷王権の群像』角川電子書籍・アマゾン電子書籍紹介
仏教伝来と蘇我氏の台頭、大和朝廷の確立の飛鳥時代に蘇我三代の渡る強権から、乙巳の変から壬申乱を経て、平安京に遷都されるまでの、二百年余り波乱と国家形成の中、日本の国家の骨格を成す重要な時代でも有った。
敏達、用明、崇峻、推古、舒明、皇極、孝徳、天智、弘文、天武、持統、文武、元明、元正、聖武、孝謙、淳仁、光仁、桓武の二十人の天皇と六人の女帝と二回の重祚、異例尽くめの政変、飛鳥から難波宮遷都、再び飛鳥に、そして近江大津宮、そして飛鳥浄御原宮、大藤原京に、平城京へそして恭仁宮、紫信楽宮と点々として遷都されて、平安京に至るまでの間に、皇権と政権を巡る戦いは、次の時代に打たれる「布石は新たな物語を、喜怒と盛衰の、間に間に、繰り広げられていった」200年余りの凝縮された時代を振り返って、歴史は私達に何を伝え残したのか、歴史の検証したものである。
  

「佐久間象山の群像」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

佐久間象山
「佐久間象山の群像」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
佐久間象山(1881年~1864年)幕末の思想家。名は啓(ひらき)。通称は修理。象山は号。信濃国松代藩士佐津間国善の子として浄化に生まれる。幼少期から家老鎌原桐山から経学文章を、町田源左衛門から和算を学ぶ。18才で家督を継ぎ、1833年(天保4)江戸に出て佐藤一斉に師事し、1839年象山書院を開き、1841年江戸藩邸学問所で頭取となる、翌年藩主真田幸貫が海防掛老中に就任すると、海外事情の調査研究を命じられ、これを契機にこれまでの儒学(朱子学)を信奉してきた象山の思想的回転が始まる。象山はアヘン戦争(1840~1842)に強い衝撃を受け、伝統的華夷思想に安住してきた中国は西洋諸国が科学的技術の進歩の上に強国を実現したことを知らず、学問の実現・実用性を喪失したためにイギリスに敗れたととらえ、そして「彼を知る」ことで「己を知る」孫氏の兵法に倣い、日本が中国の轍を踏まないためには西洋の科学技術を積極的に摂取することが必要だと考えた。1842年西洋砲術を学ぶために江川太郎左衛門に入門、かた藩主あてに上書(海防八策)を提出した。さらに1844年(弘化元)からオランダ語を学び洋学研究に打ちこんだ。1851年(嘉永4)江戸木挽町に塾を開いて西洋砲術を教え、勝海舟、吉田松陰、坂本龍馬らが入門。西洋の学問に目覚め、それを通じて旧来の学問のあり方等直すという姿勢は、対外的に危機意識を抱いていた青年強い衝撃を与えた。1854年(安政元)松陰の密航事件に連座して蟄居を命じられ、松代で8年間を過ごす。1862年(文久2)書面となり、1864年(元治元)将軍後見職一橋慶喜の召命を受けて上京したが、公武合体と開国進取論をもって奔走中7月17日尊攘激派の志士に暗殺された。

「佐久間象山の群像」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

佐久間象山
「佐久間象山の群像」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
佐久間象山(1881年~1864年)幕末の思想家。名は啓(ひらき)。通称は修理。象山は号。信濃国松代藩士佐津間国善の子として浄化に生まれる。幼少期から家老鎌原桐山から経学文章を、町田源左衛門から和算を学ぶ。18才で家督を継ぎ、1833年(天保4)江戸に出て佐藤一斉に師事し、1839年象山書院を開き、1841年江戸藩邸学問所で頭取となる、翌年藩主真田幸貫が海防掛老中に就任すると、海外事情の調査研究を命じられ、これを契機にこれまでの儒学(朱子学)を信奉してきた象山の思想的回転が始まる。象山はアヘン戦争(1840~1842)に強い衝撃を受け、伝統的華夷思想に安住してきた中国は西洋諸国が科学的技術の進歩の上に強国を実現したことを知らず、学問の実現・実用性を喪失したためにイギリスに敗れたととらえ、そして「彼を知る」ことで「己を知る」孫氏の兵法に倣い、日本が中国の轍を踏まないためには西洋の科学技術を積極的に摂取することが必要だと考えた。1842年西洋砲術を学ぶために江川太郎左衛門に入門、かた藩主あてに上書(海防八策)を提出した。さらに1844年(弘化元)からオランダ語を学び洋学研究に打ちこんだ。1851年(嘉永4)江戸木挽町に塾を開いて西洋砲術を教え、勝海舟、吉田松陰、坂本龍馬らが入門。西洋の学問に目覚め、それを通じて旧来の学問のあり方等直すという姿勢は、対外的に危機意識を抱いていた青年強い衝撃を与えた。1854年(安政元)松陰の密航事件に連座して蟄居を命じられ、松代で8年間を過ごす。1862年(文久2)書面となり、1864年(元治元)将軍後見職一橋慶喜の召命を受けて上京したが、公武合体と開国進取論をもって奔走中7月17日尊攘激派の志士に暗殺された。



「歴史の回想・土佐勤王党」アマゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電子書籍

土佐勤王党
「歴史の回想・土佐勤王党」アマゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電子書籍
土佐勤王党の下士(郷士、足軽等)庄屋(村役人)階層を基盤として結成された尊攘派同盟。文久元年(1861)8月、江戸遊学中の郷士武市瑞山(半平太)らが水戸・薩摩・長州の尊攘志士らと京都に集結を約束、帰郷して190余名の血盟者110余名の支持者を得た。参政吉田東洋は公武合体路線をとり、主張は退けられた。武市らは反吉田の保守的門閥派と結託し1862年4月登用を暗殺し、朝廷から土佐勤王への国事周旋の命をを得、藩主山内豊範を擁して入京、薩長に並ぶ勤王藩の名声を得た。盟主武市は土佐藩勤王派の代表として朝廷政府に影響力を行使、攘夷督促の勅使(三条実美、姉小路公知)に随行し幕府に攘夷実行を迫った。しかし、幕府準顧問の隠居山内容堂は1863年2月に腹心の吉田を殺した勤王党への復讐を開始、八月十八日の政変を機に武市ら幹部は収監、東洋暗殺事件を厳しく糾明、慶応元年(1865年)5月、武市を断罪した。同志多数が迫害を受け脱藩、坂本龍馬も中岡慎太郎が代表となって薩長同盟の周旋するなど幕末動乱期最終局面での重大な運動に尽力し、王政復興の方向性に甚大な影響を与えた。

「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

疫病の襲来
「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
「古代日本に天然痘の襲来」人類誕生後、弛まない進化によって、この地球上に高度な文明を構築し地球上の征服者として君臨してきたが、その文明科学に立ちはだかる三大脅威・苦難が「天災と戦争と疫病」がある。日本史上を見ても、平城京に襲った天然痘の大流行があって、政治の政権中枢にあって権勢を誇った「藤原四兄弟」は次々に天然痘(疱瘡)に亡くなった。一時は政治も朝廷の儀式・行事も機能しなくなったという。また民百姓まで伝染し、一説に日本の人口の4分のⅠが失われたという。
今日では放送は根絶されたというが、我々子どもの子供頃は学校で疱瘡の予防接種が腕に傷つけ菌を植え付け抗体をつけたものである。「東アジアから日本に来襲した天然痘」
中国では、南北朝時代の斉が495年に北魏と交戦して流入し、流行したとするのが最初の記録である。頭や顔に発疹ができて全身に広がり、多くの者が死亡し、生き残った者は瘢痕を残すというもので、明らかに天然痘である。その後短期間に中国全土で流行し、6世紀前半には朝鮮半島でも流行を見た。
日本には元々存在せず、中国・朝鮮半島からの渡来人の移動が活発になった6世紀半ばに最初のエピデミックが見られたと考えられている。折しも新羅から弥勒菩薩像が送られ、敏達天皇が仏教の普及を認めた時期と重なったため、日本古来の神をないがしろにした神罰という見方が広がり、仏教を支持していた蘇我氏の影響力が低下するなどの影響が見られた。
『日本書紀』には「瘡(かさ)発(い)でて死(みまか)る者――身焼かれ、打たれ、摧(砕)かるるが如し」とあり、瘡を発し、激しい苦痛と高熱を伴うという意味で、天然痘の初めての記録と考えられる(麻疹などの説もある)。585年の敏達天皇の崩御も天然痘の可能性が指摘されている。
735年から738年にかけては西日本から畿内にかけて大流行し、「豌豆瘡(「わんずかさ」もしくは「えんどうそう」とも)」と称され、平城京では政権を担当していた藤原四兄弟が相次いで死去した(天平の疫病大流行)。天平の疫病大流行(てんぴょうのえきびょうだいりゅうこう)は、735年から737年にかけて奈良時代の日本で発生した天然痘の流行。ある推計によれば、当時の日本の総人口の25–35パーセントにあたる、100万–150万人が感染により死亡したとされている。



「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

疫病の襲来
「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

「古代日本に天然痘の襲来」人類誕生後、弛まない進化によって、この地球上に高度な文明を構築し地球上の征服者として君臨してきたが、その文明科学に立ちはだかる三大脅威・苦難が「天災と戦争と疫病」がある。日本史上を見ても、平城京に襲った天然痘の大流行があって、政治の政権中枢にあって権勢を誇った「藤原四兄弟」は次々に天然痘(疱瘡)に亡くなった。一時は政治も朝廷の儀式・行事も機能しなくなったという。また民百姓まで伝染し、一説に日本の人口の4分のⅠが失われたという。

今日では放送は根絶されたというが、我々子どもの子供頃は学校で疱瘡の予防接種が腕に傷つけ菌を植え付け抗体をつけたものである。「東アジアから日本に来襲した天然痘」

中国では、南北朝時代の斉が495年に北魏と交戦して流入し、流行したとするのが最初の記録である。頭や顔に発疹ができて全身に広がり、多くの者が死亡し、生き残った者は瘢痕を残すというもので、明らかに天然痘である。その後短期間に中国全土で流行し、6世紀前半には朝鮮半島でも流行を見た。

日本には元々存在せず、中国・朝鮮半島からの渡来人の移動が活発になった6世紀半ばに最初のエピデミックが見られたと考えられている。折しも新羅から弥勒菩薩像が送られ、敏達天皇が仏教の普及を認めた時期と重なったため、日本古来の神をないがしろにした神罰という見方が広がり、仏教を支持していた蘇我氏の影響力が低下するなどの影響が見られた。

『日本書紀』には「瘡(かさ)発(い)でて死(みまか)る者――身焼かれ、打たれ、摧(砕)かるるが如し」とあり、瘡を発し、激しい苦痛と高熱を伴うという意味で、天然痘の初めての記録と考えられる(麻疹などの説もある)。585年の敏達天皇の崩御も天然痘の可能性が指摘されている。

735年から738年にかけては西日本から畿内にかけて大流行し、「豌豆瘡(「わんずかさ」もしくは「えんどうそう」とも)」と称され、平城京では政権を担当していた藤原四兄弟が相次いで死去した(天平の疫病大流行)。天平の疫病大流行(てんぴょうのえきびょうだいりゅうこう)は、735年から737年にかけて奈良時代の日本で発生した天然痘の流行。ある推計によれば、当時の日本の総人口の25–35パーセントにあたる、100万–150万人が感染により死亡したとされている

「里見氏一族の群像」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

里見氏
「里見氏一族の群像」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
安房・上総に勢力を張った戦国大名。源姓新田氏の一族で、上野里見を名字の地とする。また、南北朝時代は新田義貞に従い、室町時代には鎌倉御坊の近臣であった。戦国初頭の義通の時代から安房での活動が認められる。その後義通の子義豊と弟の実堯が争い、
実堯が討たれるが、実堯の子里見義堯(1507~1574)が義豊を滅ぼして当主となった。義堯は小弓御所足利義明と結んで小田原北条氏と戦うが義明敗死後は上総への領国拡大を進め、久留里・大多喜・佐貫などを拠点に押さえて里見氏の全盛期を築いた。その子里見義弘も上杉謙信と結んで小田原北条氏に対抗したが国府台の戦いで敗れ、小田原北条氏の上総侵攻を許した。北条氏滅亡後義弘の子義頼が豊臣秀吉から安房のみ
安堵され、徳川家康によって義頼の子里見義康が若干加増されるが、慶長19年(1614)大久保長安事件の連座によって、忠義が改易され滅亡した。

「八幡太郎義家の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER

八幡太郎の群像


「八幡太郎義家の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER平安後期の武将。源義家は河内源氏。父は源頼義、母は平直方の女。石清水八幡宮で元服し八幡太郎と号す。1051年(永承6)に始まった「前九年の役」に父に従って参戦、1062年(康平5)同乱平定の功により出羽守となる。1070年(延久2)に陸奥で藤原基通を、1079年(承暦3)には美濃で源重宗を追討、また京都でも悪僧の防禦・追補にあたる。1083年(永保3)陸奥守に就任、豪族清原氏内紛である「後三年の役」に介入。義家の調停に反抗した清原家衡・武衡を討ち清衡を助けたが、朝廷の停戦命令を無視し、砂金等官物の納入も怠ったため、合戦は私戦とみなされて恩賞もなかった。以降、摂関家に近侍した弟義綱と対立、1091年(寛治5)には義綱との合戦を企て朝廷から処罰される。1098年(聖徳2)白河院の昇段を許され1104年(長治元)延暦寺の悪僧の追補に活躍。反面、1101年(康和3)に嫡男、源義親が九州で乱行したほか、一族に不祥事が相次ぎ最中に死去。義家は武家棟梁として大きく評価されるが、彼の武力には畿内周辺を基盤とする軍事貴族層が目立ち、諸国の武士の統率者という理解には疑問がある。また後三年役後の不遇も一族の不祥事、内紛によるもので、公家による抑圧とは考え難い。

『大阪古社寺探訪」難波神社・大阪都心を貫く御堂筋に面し、博労稲荷と呼ばれる「難波神社」の祭神は仁徳天皇、素盞

な難波神社3 (2)
『大阪古社寺探訪」難波神社・大阪都心を貫く御堂筋に面し、博労稲荷と呼ばれる「難波神社」の祭神は仁徳天皇、素盞鳴命、倉稲魂尊で社伝に拠れば「反正天皇」の時代に遡るという。
河内国丹比柴蘺宮に遷都したときに同地の創建し、朱雀天皇の摂津の国の総社として大江の坂平野郷に遷したという。その後大阪城築城のときに現在の地に移された。所が第二次世界大戦で焼失し昭和四十九年に再建されたという。
摂社に神社の西側にある、博労稲荷が浪速の町が栄えるに従って仙波の豪商を中心となって稲荷信仰が増えていった。古記録にも「稲荷社」「稲荷宮」として呼ばれた。
末社の金刀比羅神社があって由来が不明であるが江戸時代より祀られてる。
又末社十四柱相殿神社は災害、戦災などで移転併合で合わせて合祀されたようである。

「足利義昭の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER

足利義昭
「足利義昭の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER
「足利義昭」(1537年~1597年)室町幕府の代5代将軍。1568年(永禄11)~1573年(天正元)在職。12代将軍義晴の次男で13代将軍義輝の弟。はじめ興福寺一条院門跡となり覚慶と称した。1565年(永禄8)三好三人衆らに兄を暗殺され自らも幽閉されたが、脱出して幕府再興のために還俗し義昭を名乗った。織田信長の支援を得て1568年9月入京。10月将軍に就任すると、奉公衆や畿内の国衆を配下に置き、大名間の和平調停を行うなど、独自の政治立場を強化を目指し、信長と対立した。本願寺・武田・朝倉・浅井氏らに糾合し反信長包囲網を形成、1573年挙兵したが敗れ、毛利氏を頼って備後国鞆に移る。ここで毛利・本願寺・上杉氏らに働きかけ、なおも信長討伐・幕府再興を図った。本能寺の変を経て毛利氏が羽柴秀吉と講和すると、1588年に帰京して出家、昌山道休と称した。同時に将軍の位を去り、秀吉恩情から1万石を与えられ余生を送る、また聚楽第行幸に参加、朝鮮侵略の際も名護屋まで従軍している。

「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

疫病の襲来

「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

「古代日本に天然痘の襲来」人類誕生後、弛まない進化によって、この地球上に高度な文明を構築し地球上の征服者として君臨してきたが、その文明科学に立ちはだかる三大脅威・苦難が「天災と戦争と疫病」がある。日本史上を見ても、平城京に襲った天然痘の大流行があって、政治の政権中枢にあって権勢を誇った「藤原四兄弟」は次々に天然痘(疱瘡)に亡くなった。一時は政治も朝廷の儀式・行事も機能しなくなったという。また民百姓まで伝染し、一説に日本の人口の4分のⅠが失われたという。

今日では放送は根絶されたというが、我々子どもの子供頃は学校で疱瘡の予防接種が腕に傷つけ菌を植え付け抗体をつけたものである。「東アジアから日本に来襲した天然痘」

中国では、南北朝時代の斉が495年に北魏と交戦して流入し、流行したとするのが最初の記録である。頭や顔に発疹ができて全身に広がり、多くの者が死亡し、生き残った者は瘢痕を残すというもので、明らかに天然痘である。その後短期間に中国全土で流行し、6世紀前半には朝鮮半島でも流行を見た。

日本には元々存在せず、中国・朝鮮半島からの渡来人の移動が活発になった6世紀半ばに最初のエピデミックが見られたと考えられている。折しも新羅から弥勒菩薩像が送られ、敏達天皇が仏教の普及を認めた時期と重なったため、日本古来の神をないがしろにした神罰という見方が広がり、仏教を支持していた蘇我氏の影響力が低下するなどの影響が見られた。

『日本書紀』には「瘡(かさ)発(い)でて死(みまか)る者――身焼かれ、打たれ、摧(砕)かるるが如し」とあり、瘡を発し、激しい苦痛と高熱を伴うという意味で、天然痘の初めての記録と考えられる(麻疹などの説もある)。585年の敏達天皇の崩御も天然痘の可能性が指摘されている。

735年から738年にかけては西日本から畿内にかけて大流行し、「豌豆瘡(「わんずかさ」もしくは「えんどうそう」とも)」と称され、平城京では政権を担当していた藤原四兄弟が相次いで死去した(天平の疫病大流行)。天平の疫病大流行(てんぴょうのえきびょうだいりゅうこう)は、735年から737年にかけて奈良時代の日本で発生した天然痘の流行。ある推計によれば、当時の日本の総人口の25–35パーセントにあたる、100万–150万人が感染により死亡したとされている。



「近江天保一揆」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

近江天保大一揆
「近江天保一揆」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
「近江天保一揆の起因」(おうみてんぽういっき)は、江戸時代後期に起こった百姓一揆。甲賀騒動・甲賀一揆・三上騒動・百足山騒動・天保十三年近江天保一揆などとも言う。典型的な『惣百姓一揆』(代表越訴型一揆と異なり、庄屋等の村役人層に指導された全村民による一揆、大規模で政治的要求を掲げた)である。天保13年10月16日((新暦)1842年11月18日)近江野洲郡・栗太郡・甲賀郡の農民が、江戸幕府による不当な検地に抗議し、『検地十万日延期』の証文を勝ち取った。一揆後、幕府により数万人を超える農民に対して苛烈な取り調べが行われ、土川平兵衛等指導者11人が江戸送りとなった他、千余人の一揆参加者が捕縛され、その中の多くが獄死や帰村後衰弱死したと伝えられている。これら犠牲になった人たちのことを近江天保義民(天保義民)と言う。3一揆への道程
土川 平兵衛(つちかわ へいべえ、享和元年(1801年) - 天保14年4月25日(1843年5月24日))は、江戸時代後期の近江国の義民(近江天保一揆の指導者の一人)。
経歴
近江国野洲郡三上村の庄屋。平兵衛とイシの子。里正に挙げられ、守山駅助郷の勤番となった。中江藤樹(陽明学)に私淑したが(京都の私塾)、助郷の賦役が公平を欠き、民が困却する様に慷慨し、文政11年(1828年)5月にこれを奉行に哀訴し、その弊を改めた。
天保13年(1842年)、江戸幕府によって検地が行なわれるに際して幕吏の処置が極めて不当であったので、平兵衛は黄瀬文吉および田島治兵衛と謀って3郡の庄屋を糾合し、再検地を嘆願しようとしたが、集まった農民は4万人に達し、遂に幕吏の旅舎を襲うに至り、10万日の日延べの証文を獲得した。
のちに罪を得て捕らわれる者が数千人に上り、過酷な拷問を受けて死亡する者40名あまりに相次いだ。平兵衛ら主要な11人は江戸に送られ、そのうち3人は江戸に到着する前に死亡した。平兵衛は江戸に送られてから一月余り後に裁きを待たず獄死し、小塚原に梟首された。後に千住回向院に改葬される。



「真田幸村の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER

真田幸村
「真田幸村の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER
真田幸村(1567年~1615年)安土時代から江戸初期の武将。真田昌幸の次男。幼名御弁丸、後に源次郎。左衛門佐を名乗る。名は信繁、後年幸村の名で知られる。1587年(天正15年)父昌行が豊臣秀吉に属するに及んで幸村も出仕し、秀吉の配下の大谷吉継の娘を妻として豊臣家と縁故を深めた。1600年(慶長5年)上杉討伐のために会津に向かった徳川軍に父や兄に従ったが、途中石田三成の挙兵を知って父とともに引き返し、上田城に籠って反徳川の旗を挙げ、徳川秀忠の率いる大軍を引き付けて関ヶ原の戦いに参加させず、三成方(西軍)を助けた。西軍の敗北により命が危うくなったが、妻が本多忠勝の娘だったために東軍に味方した兄信之の戦功に免じて死は逃れ、父とともに高野山麓の九度山村に蟄居させられた。1614年大坂城で挙兵した豊臣秀頼の招きに応じて、最も危険な城南天王寺口に出城を築いて徳川方をしばしば悩ませたが、幸村らの主戦論を押し切って淀君らによっり不利な条件の講和を結ばれた(大阪冬の陣)。翌年の夏の陣では幸村は道明寺、天王寺と転戦、一時は徳川本陣にまで迫って家康本人に狼狽させたが、越前松平忠直の家臣西尾仁左衛門の槍に討たれて戦死した。



​​​​​​​「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

疫病の襲来
​​​​​​​「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
「古代日本に天然痘の襲来」人類誕生後、弛まない進化によって、この地球上に高度な文明を構築し地球上の征服者として君臨してきたが、その文明科学に立ちはだかる三大脅威・苦難が「天災と戦争と疫病」がある。日本史上を見ても、平城京に襲った天然痘の大流行があって、政治の政権中枢にあって権勢を誇った「藤原四兄弟」は次々に天然痘(疱瘡)に亡くなった。一時は政治も朝廷の儀式・行事も機能しなくなったという。また民百姓まで伝染し、一説に日本の人口の4分のⅠが失われたという。
今日では放送は根絶されたというが、我々子どもの子供頃は学校で疱瘡の予防接種が腕に傷つけ菌を植え付け抗体をつけたものである。「東アジアから日本に来襲した天然痘」
中国では、南北朝時代の斉が495年に北魏と交戦して流入し、流行したとするのが最初の記録である。頭や顔に発疹ができて全身に広がり、多くの者が死亡し、生き残った者は瘢痕を残すというもので、明らかに天然痘である。その後短期間に中国全土で流行し、6世紀前半には朝鮮半島でも流行を見た。
日本には元々存在せず、中国・朝鮮半島からの渡来人の移動が活発になった6世紀半ばに最初のエピデミックが見られたと考えられている。折しも新羅から弥勒菩薩像が送られ、敏達天皇が仏教の普及を認めた時期と重なったため、日本古来の神をないがしろにした神罰という見方が広がり、仏教を支持していた蘇我氏の影響力が低下するなどの影響が見られた。
『日本書紀』には「瘡(かさ)発(い)でて死(みまか)る者――身焼かれ、打たれ、摧(砕)かるるが如し」とあり、瘡を発し、激しい苦痛と高熱を伴うという意味で、天然痘の初めての記録と考えられる(麻疹などの説もある)。585年の敏達天皇の崩御も天然痘の可能性が指摘されている。
735年から738年にかけては西日本から畿内にかけて大流行し、「豌豆瘡(「わんずかさ」もしくは「えんどうそう」とも)」と称され、平城京では政権を担当していた藤原四兄弟が相次いで死去した(天平の疫病大流行)。天平の疫病大流行(てんぴょうのえきびょうだいりゅうこう)は、735年から737年にかけて奈良時代の日本で発生した天然痘の流行。ある推計によれば、当時の日本の総人口の25–35パーセントにあたる、100万–150万人が感染により死亡したとされている。

「密教の神秘」アマゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・

密教の神秘
「密教の神秘」アマゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・
秘密に説かれて表面的に知りえなお教え。広義に神秘的主義宗教の総称。日本では特に大乗仏教の中の密教を指し、顕教と対置する。インドの伝統的宗教基盤に発する呪術的諸要素が仏教に取り入れられて純化発達し、仏教思想を統合する究極的秘宝として一つの世界観の下に独立した体系を形成した段階的密教であり、その画期は7世紀における「大日経」『金剛頂経」の独立に求められ、以降の密教を正純密教、それまでの密教を非体系的段階を雑部密教と区別して呼ぶ場合がある。8世紀の奈良時代、既に雑密的修法は行われていたが、純密の正統は9世紀初頭に入唐し、長安で恵果から金剛界・胎蔵界両部の大法を伝授した空海によって日本に伝えらえた。空海によって伝えらえた平安新仏教の一つとして、密教専修真言宗を開き、全仏教を宇宙の絶対的存在である法身大日如来が説いた密教と、大日如来の応化身である釈迦が説いた顕教に二分し、密教を宗教意識発達過程の最上位に置く十住心の教判を確立するとともに、手に印契を結ぶ、口に真言を唱え、精神を統一集中する三密兪伽行によって、現実的存在の密教行者は絶対的存在の大日如来と一体化し即身成仏を果たすと、修法の意味・目的を明確に位置づけた。

「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

疫病の襲来
「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
「古代日本に天然痘の襲来」人類誕生後、弛まない進化によって、この地球上に高度な文明を構築し地球上の征服者として君臨してきたが、その文明科学に立ちはだかる三大脅威・苦難が「天災と戦争と疫病」がある。日本史上を見ても、平城京に襲った天然痘の大流行があって、政治の政権中枢にあって権勢を誇った「藤原四兄弟」は次々に天然痘(疱瘡)に亡くなった。一時は政治も朝廷の儀式・行事も機能しなくなったという。また民百姓まで伝染し、一説に日本の人口の4分のⅠが失われたという。
今日では放送は根絶されたというが、我々子どもの子供頃は学校で疱瘡の予防接種が腕に傷つけ菌を植え付け抗体をつけたものである。「東アジアから日本に来襲した天然痘」
中国では、南北朝時代の斉が495年に北魏と交戦して流入し、流行したとするのが最初の記録である。頭や顔に発疹ができて全身に広がり、多くの者が死亡し、生き残った者は瘢痕を残すというもので、明らかに天然痘である。その後短期間に中国全土で流行し、6世紀前半には朝鮮半島でも流行を見た。
日本には元々存在せず、中国・朝鮮半島からの渡来人の移動が活発になった6世紀半ばに最初のエピデミックが見られたと考えられている。折しも新羅から弥勒菩薩像が送られ、敏達天皇が仏教の普及を認めた時期と重なったため、日本古来の神をないがしろにした神罰という見方が広がり、仏教を支持していた蘇我氏の影響力が低下するなどの影響が見られた。
『日本書紀』には「瘡(かさ)発(い)でて死(みまか)る者――身焼かれ、打たれ、摧(砕)かるるが如し」とあり、瘡を発し、激しい苦痛と高熱を伴うという意味で、天然痘の初めての記録と考えられる(麻疹などの説もある)。585年の敏達天皇の崩御も天然痘の可能性が指摘されている。
735年から738年にかけては西日本から畿内にかけて大流行し、「豌豆瘡(「わんずかさ」もしくは「えんどうそう」とも)」と称され、平城京では政権を担当していた藤原四兄弟が相次いで死去した(天平の疫病大流行)。天平の疫病大流行(てんぴょうのえきびょうだいりゅうこう)は、735年から737年にかけて奈良時代の日本で発生した天然痘の流行。ある推計によれば、当時の日本の総人口の25–35パーセントにあたる、100万–150万人が感染により死亡したとされている。

「近江天保一揆」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

近江天保大一揆
「近江天保一揆」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
「近江天保一揆の起因」(おうみてんぽういっき)は、江戸時代後期に起こった百姓一揆。甲賀騒動・甲賀一揆・三上騒動・百足山騒動・天保十三年近江天保一揆などとも言う。典型的な『惣百姓一揆』(代表越訴型一揆と異なり、庄屋等の村役人層に指導された全村民による一揆、大規模で政治的要求を掲げた)である。天保13年10月16日((新暦)1842年11月18日)近江野洲郡・栗太郡・甲賀郡の農民が、江戸幕府による不当な検地に抗議し、『検地十万日延期』の証文を勝ち取った。一揆後、幕府により数万人を超える農民に対して苛烈な取り調べが行われ、土川平兵衛等指導者11人が江戸送りとなった他、千余人の一揆参加者が捕縛され、その中の多くが獄死や帰村後衰弱死したと伝えられている。これら犠牲になった人たちのことを近江天保義民(天保義民)と言う。3一揆への道程
土川 平兵衛(つちかわ へいべえ、享和元年(1801年) - 天保14年4月25日(1843年5月24日))は、江戸時代後期の近江国の義民(近江天保一揆の指導者の一人)。
経歴
近江国野洲郡三上村の庄屋。平兵衛とイシの子。里正に挙げられ、守山駅助郷の勤番となった。中江藤樹(陽明学)に私淑したが(京都の私塾)、助郷の賦役が公平を欠き、民が困却する様に慷慨し、文政11年(1828年)5月にこれを奉行に哀訴し、その弊を改めた。
天保13年(1842年)、江戸幕府によって検地が行なわれるに際して幕吏の処置が極めて不当であったので、平兵衛は黄瀬文吉および田島治兵衛と謀って3郡の庄屋を糾合し、再検地を嘆願しようとしたが、集まった農民は4万人に達し、遂に幕吏の旅舎を襲うに至り、10万日の日延べの証文を獲得した。
のちに罪を得て捕らわれる者が数千人に上り、過酷な拷問を受けて死亡する者40名あまりに相次いだ。平兵衛ら主要な11人は江戸に送られ、そのうち3人は江戸に到着する前に死亡した。平兵衛は江戸に送られてから一月余り後に裁きを待たず獄死し、小塚原に梟首された。後に千住回向院に改葬される。

「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

疫病の襲来
「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

「古代日本に天然痘の襲来」

人類誕生後、弛まない進化によって、この地球上に高度な文明を構築し地球上の征服者として君臨してきたが、その文明科学に立ちはだかる三大脅威・苦難が「天災と戦争と疫病」がある。

日本史上を見ても、平城京に襲った天然痘の大流行があって、政治の政権中枢にあって権勢を誇った「藤原四兄弟」は次々に天然痘(疱瘡)に亡くなった。

一時は政治も朝廷の儀式・行事も機能しなくなったという。また民百姓まで伝染し、一説に日本の人口の4分のⅠが失われたという。

今日では放送は根絶されたというが、我々子どもの子供頃は学校で疱瘡の予防接種が腕に傷つけ菌を植え付け抗体をつけたものである。

「東アジアから日本に来襲した天然痘」

中国では、南北朝時代の斉が495年に北魏と交戦して流入し、流行したとするのが最初の記録である。頭や顔に発疹ができて全身に広がり、多くの者が死亡し、生き残った者は瘢痕を残すというもので、明らかに天然痘である。その後短期間に中国全土で流行し、6世紀前半には朝鮮半島でも流行を見た。

日本には元々存在せず、中国・朝鮮半島からの渡来人の移動が活発になった6世紀半ばに最初のエピデミックが見られたと考えられている。

​​​​​​​『大阪古社寺探訪』玉造稲荷神社・大阪城の南側にあって、祭神は宇迦之御魂大神で創建は垂仁天皇の時代に創建

た玉造神社19
​​​​​​​『大阪古社寺探訪』玉造稲荷神社・大阪城の南側にあって、祭神は宇迦之御魂大神で創建は垂仁天皇の時代に創建されたと言う。その後聖徳太子が物部氏との戦いに祈願して「観音堂」建てたと言う。その後戦国時代に戦禍に逢い荒廃したが、豊臣秀頼によって再建されたが、再び大坂夏の陣で焼失したが、元々豊臣時代にも徳川時代にもの大阪城の鎮守とされ「豊津稲荷と称し、江戸時代には浪速の人々のお伊勢参りの基点と成ったところ、今もその記念の碑や、毎年ここから歩いてお伊勢参りをする人が多いと言う。境内には半分埋まった鳥居がある「豊臣家奉納の鳥居」で震災で倒れた物を地中に生めてたてもの、また境内は元々「千利休」の屋敷跡でその記念碑が建っている。玉造の地名の由来になっている「玉造」は勾玉をこの辺り造っていたようで「難波、玉造資料館」が伝えている。er="0">

「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍

疫病の襲来
「歴史の回想・疫病の襲来」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電書籍
「古代日本に天然痘の襲来」
人類誕生後、弛まない進化によって、この地球上に高度な文明を構築し地球上の征服者として君臨してきたが、その文明科学に立ちはだかる三大脅威・苦難が「天災と戦争と疫病」がある。
日本史上を見ても、平城京に襲った天然痘の大流行があって、政治の政権中枢にあって権勢を誇った「藤原四兄弟」は次々に天然痘(疱瘡)に亡くなった。
一時は政治も朝廷の儀式・行事も機能しなくなったという。また民百姓まで伝染し、一説に日本の人口の4分のⅠが失われたという。
今日では放送は根絶されたというが、我々子どもの子供頃は学校で疱瘡の予防接種が腕に傷つけ菌を植え付け抗体をつけたものである。
「東アジアから日本に来襲した天然痘」
中国では、南北朝時代の斉が495年に北魏と交戦して流入し、流行したとするのが最初の記録である。頭や顔に発疹ができて全身に広がり、多くの者が死亡し、生き残った者は瘢痕を残すというもので、明らかに天然痘である。その後短期間に中国全土で流行し、6世紀前半には朝鮮半島でも流行を見た。
日本には元々存在せず、中国・朝鮮半島からの渡来人の移動が活発になった6世紀半ばに最初のエピデミックが見られたと考えられている。
折しも新羅から弥勒菩薩像が送られ、敏達天皇が仏教の普及を認めた時期と重なったため、日本古来の神をないがしろにした神罰という見方が広がり、仏教を支持していた蘇我氏の影響力が低下するなどの影響が見られた。
『日本書紀』には「瘡(かさ)発(い)でて死(みまか)る者――身焼かれ、打たれ、摧(砕)かるるが如し」とあり、瘡を発し、激しい苦痛と高熱を伴うという意味で、天然痘の初めての記録と考えられる(麻疹などの説もある)。585年の敏達天皇の崩御も天然痘の可能性が指摘されている。
735年から738年にかけては西日本から畿内にかけて大流行し、「豌豆瘡(「わんずかさ」もしくは「えんどうそう」とも)」と称され、平城京では政権を担当していた藤原四兄弟が相次いで死去した(天平の疫病大流行)。
天平の疫病大流行(てんぴょうのえきびょうだいりゅうこう)は、735年から737年にかけて奈良時代の日本で発生した天然痘の流行。ある推計によれば、当時の日本の総人口の25–35パーセントにあたる、100万–150万人が感染により死亡したとされている。

「大友宗麟の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER

大友宗麟の群像

「大友宗麟の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER
大友宗麟(義鎮)(1530年~1587年)豊後国の戦国大名。1550年(天文19)家督を継ぐ。翌年日本にキリスト教を伝えたイエズス会の宣教師フランシスコザヴィエルが豊後を訪れたことからキリスト教に好意を示し、以後キリスト教布教を保護。1559年(永禄2)九州6か国((豊後・筑前・筑後・肥前・肥後)の守護職を手中に収め、九州探題になり大友氏全盛期を迎える。その後府内(臼杵)に移り、府内に長子義統を置いた。1562年剃髪して宗麟と号し、1578年(天正6年)受洗、洗礼後フランシスコ。同年薩摩島津氏と日向耳川で合戦し、大敗した。敗戦と義鎮の受洗により家族と家臣団の間反目が生じ、キリシタン派と反キリシタン派が抗争し、大友氏衰退の分水嶺となった。1582年有馬。大村両氏とともにローマに天正遺欧少年使節を送った。これはイエズス会巡察師ヴァリニャーノの発案によるものと言われる。1586年島津勢が豊後に侵入すると自ら大坂城に赴き、豊臣秀吉の九州平定を招いた。島津を降伏させた秀吉は、義鎮の嫡男義統に豊後を、義鎮に日向を受封を辞退、同年5月、津久見で病死した。







「京極氏一族の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER

京極氏

「京極氏一族の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER
近江の国の守護、戦国大名。宇多源氏佐々木氏。鎌倉中期、佐々木信綱の四男京極氏信(1220~1295)が京都の京極高辻に居を構えたことから京極氏を名乗る。南北朝から室町時代に佐々木高氏、京極導誉が足利尊氏に仕えて勢力を拡大し、さらに高秀、高詮等が将軍の信頼を得て、同族の六角氏と近江を二分して北6郡(愛智・犬上・坂田・浅井・出雲・伊香・高島)の守護職得、四職(侍所所司)家となった。京極高数(?~1441)は嘉吉の乱で将軍義教とともに討たれた。
京極持清は応仁・文明の乱で東軍細川勝元方として活躍したが、一族の内訌などにより急速勢力を失う。京極高清(?~1538)は重臣多賀氏の離反や将軍家から追討、六角氏との対立や隣国からの侵略などで一時領国を追われた。その後家臣の上坂氏、次いで浅井氏の台頭によって北近江で実権を失った。近世では讃岐国丸亀藩・多度津藩・丹後国宮津藩主・津山藩主・田辺藩主・但馬国豊岡藩主となる。



「赤松氏一族の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER

赤松氏S

「赤松氏一族の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER
南北朝から室町時代の武家。播磨守護大名で、室町幕府四職家の一つ、始祖は村上源氏の末流で、播磨国佐用荘赤松村に土着して赤松氏を称し、鎌倉初期に則景が同荘地頭職に補されたと言われる。正慶2年元弘3年(1333)赤松則村が護良親王の令旨を受け六波羅探題を攻略(元弘の変)。南北朝期は足利尊氏方として活躍し、一族の内、則村が播磨、赤松範資が摂津、貞範が美作守護に補された。則村は後は赤松則祐が家督を継ぎ、備前守護を兼ねる。その子義則は侍所頭人となり、四職家の人として勢力を拡大するが、義則の子、赤松満祐が嘉吉元年(1441)に将軍足利義教を殺害し(嘉吉の乱)幕府の追討軍に討伐を受け、赤松惣領家は一時滅亡する。長禄2年(1458)赤松氏の遺臣が南朝から神璽を奪還し、赤松政則に家督を再興が許される。応仁・文明の乱では東軍に属し、播磨、備前、美作の領国を回復。政則の養嗣子義村が守護代浦上村宗に殺害されて以降衰退し、その後、則房が豊臣秀吉に仕え但馬武田1万石を領するが、関ケ原の戦いで西軍に属し滅亡した。







「本田氏一族の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER

本多

「本田氏一族の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER
本多氏の出自は、三河国の国人、江戸時代譜代大名・旗本家。左大臣藤原顕光11代目の助秀が豊後国本多に住してより本多を称し、12代助定の時足利尊氏に仕えたという。13代助政のあと定通家と定正家に分かれ、それぞれ三河で松平宗家に仕えた。歴史上著名な人物としては、定通家からは本多正信・本多忠勝が、定正家からは「徳川四天王」の一人とされた父子が出ている。
正信の家は、元和8年(1622)正純の改易で絶えたが、本多氏全体としては、江戸時代には多くの大名・旗本の家に分かれた。大名として明治に至ったのは、定通家からは、三河国岡崎藩本多氏、正信を祖とする播磨国山崎藩本多氏、忠以を祖とする陸奥国泉藩本多氏、正時を祖とする近江国膳所藩本多氏、忠恒を祖とする伊勢国神戸藩本多氏、忠相を祖とする三河国西端藩本多氏の大名家6家が、定正家からは、正重を祖とする信濃国飯山藩本多氏の大名家二家が成立した。また、定正家には加賀藩家老本多氏、福井藩家老の本多氏がいる。





「里見氏一族の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER

里見氏

「里見氏一族の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER
安房・上総に勢力を張った戦国大名。源姓新田氏の一族で、上野里見を名字の地とする。また、南北朝時代は新田義貞に従い、室町時代には鎌倉御坊の近臣であった。戦国初頭の義通の時代から安房での活動が認められる。その後義通の子義豊と弟の実堯が争い、
実堯が討たれるが、実堯の子里見義堯(1507~1574)が義豊を滅ぼして当主となった。義堯は小弓御所足利義明と結んで小田原北条氏と戦うが義明敗死後は上総への領国拡大を進め、久留里・大多喜・佐貫などを拠点に押さえて里見氏の全盛期を築いた。その子里見義弘も上杉謙信と結んで小田原北条氏に対抗したが国府台の戦いで敗れ、小田原北条氏の上総侵攻を許した。北条氏滅亡後義弘の子義頼が豊臣秀吉から安房のみ
安堵され、徳川家康によって義頼の子里見義康が若干加増されるが、慶長19年(1614)大久保長安事件の連座によって、忠義が改易され滅亡した。


「朝倉氏一族の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER

朝倉氏
「朝倉氏一族の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER
室町幕府管領家斯波氏の重臣、後に越前の戦国大名。但馬国朝来の土豪であったが、南北朝初期に越前守護斯波氏に従って越前に入部し、足羽郡を中心に土着的な勢力を伸ばす。長禄2年(1458)に朝倉孝景は守護代甲斐氏と結んで、守護斯波義敏方の勢力を討って頭角を現し、足羽郡の一乗谷を本拠地として軍事力を強化。孝景は応仁・文明の乱の中の文明3年(1471)に西軍から東軍に寝返って自立し戦国大名になるが。この時に越前守護職を与えたと伝えらえている。永正3年(1506)以降は加賀の本願寺派一向一揆と敵対していたが、永禄11年(1573)一乗谷で元服した足利義秋の仲介で本願寺と和睦し、浅井軍と連携し、反織田信長勢力の一環となった。天正元年(1573)8月に信長に敗れ、朝倉義景は自殺、朝倉氏は滅亡した。

「六角氏一族の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER

六角 (1)
「六角氏一族の群像」アマゾン電子書籍紹介。角川・BOOK★WALKER
近江国の守護、戦国大名。宇多源氏佐々木氏。鎌倉中期、泰綱の代に京都の六角堂に居を構えたことから六角氏を名乗る。南北朝時代から室町時代に、同族の京極氏と近江を二分して南6郡(滋賀、栗太、野洲、蒲生、神崎の守護職を得る。京極氏と佐々木氏惣領を争うなど、一族の内紛が続き、さらに朽木氏などの自立性の強い同族・奉公衆や馬淵氏ら有力国人層と対立するなど、領国支配は困難を極めた。文安年間(1444~1449)には満綱・持綱父子が家臣の反乱により自刃している。その後、六角高瀬は隣接する京都の室町幕府と対立、長享・延徳年間(1487~1492)に2度にわたる将軍親征をしのぎ、守護代伊庭氏の反乱を抑えて戦国大名の基礎を作った。その子、六角定頼が全盛期を作り、幕府政治にも積極的に関与したが、永禄6年(1563)重臣後藤父子の殺害を契機に家臣が離反し(観音寺騒動)衰退。1567年には六角氏式目を制定したが、翌年織田信長に敗れ没落した。








Profile

FC2USER308672URX

Author:FC2USER308672URX
著者紹介
1943年東大阪市生まれ。著書紹介・歴史研究会に参加、歴史大賞」受賞。書籍・『太閤の夢の夢』『政僧・天海と崇伝』『重源』『古事記が紡ぐ一ノ宮の神々』『日本仏教十三宗諸派総覧』『日本神道の神々』『芭蕉紀行漂泊の憧憬』『重源』歴研出版より、『平安僧兵奮戦記』840円。自費出版多数、アマゾン電子書籍・。BOOK★WALKER電子書籍」」『宇都宮城釣天井事件』『芭蕉紀行漂泊の憧憬』『幕藩一揆の攻防』「古事記が描く古代の憧憬』『古代史の群像の標榜』『古事記が紡ぐ一ノ宮の神々』『中世仏教立宗開花』『古事記が描く古代の世界』『徐福・神仙郷に消える』『平城京の麻呂の騒乱』『重源』『天明飢饉の鎮魂』『幕政三改革の世情と功罪』『魏志和人伝』『犬将軍綱吉の治世』『政僧・天海と崇伝』『修験道の神仏』『神仏分離令の功罪』『宇都宮城釣天井事件』『風雲三好一族の攻防』『大久保長安事件の陰謀』『秀次切腹事件』『日本二十三大師の足跡』『日本十三宗諸派総覧』『日本神道の神々』『幕藩・禍根の清算』『幕藩大名家の存亡』『太閤の夢の夢』『南都・北嶺の僧乱記』『戦国大名』・『敗将の有終』『足利将軍家の変遷」『大名家のお家騒動』『小田原征伐の攻防』『秀吉・紀州征伐の攻略』『後白河・院政の攻防』『五山十刹』『将軍家を支えた幕閣』「戦国武将の群像」シーリーズ多数。「歴史の回想」・シリーズ多数。他。参考資料・歴史大事典・プリタニカ、 ウィキペディア・ニッポニカ・広辞苑・他多数。

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.