「戦後日本の回想・S27年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想s27
「戦後日本の回想・S27年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
昭和27年ともなれば、日本の国体、国力も向上し国際的にもヘルシンキオリンピックにも参加し、ボクシングでは無名の白井義男の世界フライ級チャンピオンのマリオを破りチャンピオンに輝いた。国民の娯楽もボーリングが登場し、日劇ミュウジックホールが開場したり、映画の製作も壺井栄の「二十四の瞳」が話題を呼んだ。政治では与野党の対立は激しく対立し、学生運動や労働組合の活動も活発になって、ストが強行されたり、血メーデー事件も発生した。与党も自由党系と民主党系の保守党を軸に軍備拡張の機運が高まり、警察予備隊から保安隊に改組した。国際航空として羽田空港が「東京国際空港として運用して世界に向けての窓口として業務を開始した。所が発足して間もない日航が日航機もく星号が大島三原山に墜落し三十七人の犠牲者を出して衝撃を受けた。国民の娯楽の王者のラジオは受信機1000万台突破し、連続放送劇「君の名は」は劇的な人気を博し、放送時間委には、女風呂は空になったという。また早川電機が国内初の白黒テレビの生産を開始した。街にはスクターが流行し自動車も悪路を走り回るようになった。政治ではワンマン吉田総理は抜き打ち解散んで総選挙に打って出て、用意の出来なく与党乱立に攻勢をかけた。学生運動の過激化と日本独立して代わって日本の防衛の強化に「日米安全保障条約」が発行された。労組と全学連の武力衝突阻止に「破壊活動防止法」が保守政党が対抗し法制化した。
スポンサーサイト



「戦後日本の回想・S31年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S31年
「戦後日本の回想・S31年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
昭和31年には漫画ブームと貸本ブームで鉄腕アトム・赤胴鈴之助・鉄人28号など子供らに夢を担った。若者は映画に流行を求め石原裕次郎の主演映画「太陽族」が大流行、戦後の傷跡の外地からの引揚者ソ連からの興安丸が1025人を乗せ舞鶴港に入港した。国外的に各国と賠償調印が結ばれ膨大な戦争の賠償で国交が結ばれていった。沖縄問題は国内与野党の米軍基地と相まって紛争のもととなった。政権は鳩山政権が倒れて、代わって石橋湛山が内閣首班を受けてより派閥が複雑になっていった。この頃から憲法問題が懸案となって解決には程遠いものがあって、GHQの示唆された憲法を維持しようとする野党と改憲を訴える与党の紛争は絶え間なく続いた。それでも5月にはヒマラヤの未踏マナスルに初登頂を成功をもたらし、8月は巨大な佐久間ダムを完成させ、12月18日には日本の国連加盟が全会一致承認さ
れた。

「戦後日本の回想・S25年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S25
「戦後日本の回想・S25年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
戦後2,3年ともなれば、工業や建設、道路など国民のライフラインの建設の槌音高く、荒廃した闇市を壊して都市計画を進めて再建していった。対外的にも貿易も徐々に向上し、国の成長を見込めるようになってきた。国民の娯楽も映画、戦後歌謡、プロ野球の初ナイターが行われ、戦前ものの小説やアメリカからの文化や流行が導入され、ラジオに耳を傾けて流行歌や流行のファッションや芸術文化も取り戻し自由な表現で絵画や小説が次々発表された、小倉市初競輪を開催され、宝くじに夢を求めたり、テレビから連載ドラマや、「東京ウギブギ」が爆発的に流行した。また天才少女歌手美空ひばりが巷に流れ、企業と財界の癒着で「昭和電工議国事件」まで起こり、多党政党で芦田内閣が誕生した。
戦後処理に東条英機の絞首刑の東京裁判が判決下された。これからの日本は世界各国に戦争責任の「賠償問題」が大きな壁となって立ちはだかっていく日本だった。日本国中の工作機械・織機、工作機器など剥がされて東南アジアに戦争責任の賠償として船で運ばれていった。日本の再建はゼロからの再建ではないマイナス100%からの再建であることを忘れてはならない。

『将軍家を支えた幕閣』アマゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・

将軍家を支えた幕閣
『将軍家を支えた幕閣』アマゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・
日本歴史の中で、武士天下で鎌倉幕府、室町幕府、そして最も長く存続した。 戦国時代意を終止符を打った三傑野中でも最も長く安定し、平穏な264年余を築いた江戸幕府は徳川家康に端を発している。 徳川将軍家は、慶長8年(1603)に初代・徳川家康が征夷大将軍に就任してから、慶応3年(1867)に第15代・徳川慶喜が大政奉還するまで、264年間にわたる江戸時代を通じて、征夷大将軍職を世襲した家系である。
 この間、日本の実質上の君主・支配者として、武家社会を含む日本社会全体の頂点に君臨した。その将軍職を支えたのが、大老と老中である。江戸幕府最高職、大名の交代寄り合いを支配し、評定所の寄り合いに参加し、町奉行・勘定奉行・遠国奉行等を揮し、幕政を運営の中核に有った。定員は四名から五名。三万石以上の譜代大名がその職に就いた。徳川幕府が徐々に形成され、寛永11年(1634)の老中宛法度が出され、朝廷、公家・門跡支配が出され、大名の御用・訴訟、老中奉書への加判、幕領代官御用、金銀納め方、大分の遣い方、大造の普請、作事、知行割、寺社方、外交、国絵図などを掌握した。 家康、家光、綱吉、吉宗、家斉の親政以外は幕閣が合議制の下に協議されて幕政によって裁可され決断されてた。その後機構改革により大番・留守居衆、寺社奉行、奏番者、大目付、などを采配、 長き江戸泰平の世を支えたのは幕藩体制の下、組織化された体制と、幕政秩序は幕閣によって運営され統治された面は否めない。
 藩一揆、大名のお家騒動、法度破り、治安、経済、お家断絶や改易は幕閣によって決断され、幕藩維持に貢献していった。
大老・老中になった者に、猿楽師から老中に身を起こした者もあれば、流浪の身で敵方から家康の家臣になったものなど、初期徳川幕府では戦場の実績で起用された。

​​​​​​​「戦後日本の回想・S31年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」

戦後日本の回想・S31年
​​​​​​​「戦後日本の回想・S31年」マゾン電子書籍紹介。角川電子書籍・BOOK★WALKER電」
昭和31年には漫画ブームと貸本ブームで鉄腕アトム・赤胴鈴之助・鉄人28号など子供らに夢を担った。若者は映画に流行を求め石原裕次郎の主演映画「太陽族」が大流行、戦後の傷跡の外地からの引揚者ソ連からの興安丸が1025人を乗せ舞鶴港に入港した。国外的に各国と賠償調印が結ばれ膨大な戦争の賠償で国交が結ばれていった。沖縄問題は国内与野党の米軍基地と相まって紛争のもととなった。政権は鳩山政権が倒れて、代わって石橋湛山が内閣首班を受けてより派閥が複雑になっていった。この頃から憲法問題が懸案となって解決には程遠いものがあって、GHQの示唆された憲法を維持しようとする野党と改憲を訴える与党の紛争は絶え間なく続いた。それでも5月にはヒマラヤの未踏マナスルに初登頂を成功をもたらし、8月は巨大な佐久間ダムを完成させ、12月18日には日本の国連加盟が全会一致承認された。
Profile

FC2USER308672URX

Author:FC2USER308672URX
著者紹介
1943年東大阪市生まれ。著書紹介・歴史研究会に参加、歴史大賞」受賞。書籍・『太閤の夢の夢』『政僧・天海と崇伝』『重源』『古事記が紡ぐ一ノ宮の神々』『日本仏教十三宗諸派総覧』『日本神道の神々』『芭蕉紀行漂泊の憧憬』『重源』歴研出版より、『平安僧兵奮戦記』840円。自費出版多数、アマゾン電子書籍・。BOOK★WALKER電子書籍」」『宇都宮城釣天井事件』『芭蕉紀行漂泊の憧憬』『幕藩一揆の攻防』「古事記が描く古代の憧憬』『古代史の群像の標榜』『古事記が紡ぐ一ノ宮の神々』『中世仏教立宗開花』『古事記が描く古代の世界』『徐福・神仙郷に消える』『平城京の麻呂の騒乱』『重源』『天明飢饉の鎮魂』『幕政三改革の世情と功罪』『魏志和人伝』『犬将軍綱吉の治世』『政僧・天海と崇伝』『修験道の神仏』『神仏分離令の功罪』『宇都宮城釣天井事件』『風雲三好一族の攻防』『大久保長安事件の陰謀』『秀次切腹事件』『日本二十三大師の足跡』『日本十三宗諸派総覧』『日本神道の神々』『幕藩・禍根の清算』『幕藩大名家の存亡』『太閤の夢の夢』『南都・北嶺の僧乱記』『戦国大名』・『敗将の有終』『足利将軍家の変遷」『大名家のお家騒動』『小田原征伐の攻防』『秀吉・紀州征伐の攻略』『後白河・院政の攻防』『五山十刹』『将軍家を支えた幕閣』「戦国武将の群像」シーリーズ多数。「歴史の回想」・シリーズ多数。他。参考資料・歴史大事典・プリタニカ、 ウィキペディア・ニッポニカ・広辞苑・他多数。

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.